FlexiSpot E8 Bamboo レビュー!竹製の天板採用を採用した抗菌仕様の電動昇降式デスク!

FlexiSpot様から電動スタンディングデスクの「E8 Bamboo」を提供していだきました。FlexiSpot E8 Bambooは天然竹製の天板を採用しており、抗菌、脱臭、耐久性の効果があります。

オンライン授業やテレワーク化が進んだことで、体への負担が増えてきた…。肩こりがひどい…。など、作業環境への不満も増えている方も少なくはないでしょう。そんな負担を減らせるのが昇降式デスクです。

机なんて関係ないんじゃない?椅子の方が重要なんじゃない?と思われた方も多いはず。確かに椅子の高さも大切なのですが、机の高さも大切です。机の高さを適切なものにすることで、腕や首への負担が減らせます。詳しくみていきましょう。

FlexiSpot E8良いところ
  • 竹天板採用で環境に優しい
  • 天板に抗菌作用つき
  • 自分にあった高さに調節できる!
  • 幅140mm×奥行き70mmの天板は超広々
FlexiSpot E8のイマイチなところ
  • 引き出しがない

サイズ・デザイン

天板のサイズは[幅140cm×奥行70cm厚み2cm]で、かなり広々としており、テーブルといっても過言ではないです。(120×60サイズもあります)

筆者は34インチのウルトラワイドモニターを使っていますが、24インチモニターをもう1枚置けるくらい余裕です。

最初の方でも触れましたが、天然の竹天板を採用しており、やさしいデザインです。この天板には抗菌・脱臭、高い耐久性の効果があり、雑菌の増殖を防げるのは衛生上いいと思います。

ためしに天板を叩いてみたところ、安い机によくある揺れ、スカスカな軽い音は感じませんでした。耐荷重は125kgなので多くの機器を載せても大丈夫です。

足の部分もガッチリとしていて、机を動かそうとしても、ちょっとの力ではビクともしません。動かすぞ!と力をいれて、ようやく動く感じです。足のカラーはホワイトとブラックから選べます。筆者が選択したのはホワイトです。

裏面にはケーブル収納用のスペースもあります。

ちなみに、天板は板だけなので、引き出しはついていません。必要であれば別売りでS01という引き出しやキーボードトレー、ケーブルトレー、CPUスタンドなどもあります。これらを組み合わせて自分のデスク環境を構築していくのも面白いですね。

高さ調整について

60cm~125cmの範囲で高さを調節できます。竹天板や強度についての説明ばかりでしたが、「E8」は電動昇降式デスクなので、こっちがメインです。

調節は天板の端にあるコントローラーから行います。センサーはタッチ式です。

このコントローラーにある「1, 2」や「立つ・座る」といったマークに自分の好きな高さを登録することで、サッとその高さに調節できます。例:1ボタンに75cmを設定、1ボタンを押すと75cmに自動調節。

コントローラーにはUSBポートも搭載しているので、机の上で簡単にスマホも充電できます。

座り疲れたときや、眠気が強いときなんかに、立って作業できるのは心地よく、体への負担を減らすことができます。

とはいえ、結局のところは立ってるよりも座っている時間の方が多くなりがちです。筆者個人しては、「書類を書くとき」「文字入力をするとき」「動画を観るとき」など、それぞれの用途に応じて高さ調整できるのは便利に感じました。

部屋が2階にある場合は1人だとキツいかも

足の部分は1人でも運べるのですが、天板を運ぶのは相当力に自身がある人じゃないとキツイです。以前レビューした同社のEG8はまだ1人でも運べましたが、E8 Bambooの竹天板は流石にキツく、親に手伝ってもらいました。

組み立てはネジで留める…といった単純作業なので、DIYに慣れていれば苦ではありません。ただ、天板と足を固定時にネジ穴が細かすぎてか、微調整が中々うまくいかなかったのと、本体と足を固定したあとにひっくり返すのがキツかったです。

しばらく使ってみて – 同社EG8との軽い比較

以前までは、同社のEG8(ガラス天板・幅が狭い)を使っており、モニターアームが使えないところや、120cm×60cmのサイズ感にやや不満でしたが、E8はそれらの不満点を解消してくれました。

2週間ほど使っていますが、今のところ不満点はなく快適です。デスクの面積が広がったので、こころなしか作業が捗るような気がします。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧