この秋に追加されるAndroidの新機能!顔のジェスチャーで操作するCamera Switchesなど

Googleは9月23日、この秋に新しく加わるAndroidの機能を紹介しました。顔のジェスチャーで操作する機能やAndroid Autoの機能拡充などがあります。

顔のジェスチャーでスマホを操作

顔のジェスチャーで操作できる機能「Camera Switches」が新しく加わります。これは前面カメラをスイッチとしてスマホを操作できるようになります。『Project Activate』というアプリを使って、顔のジェスチャーや目の動きで、フレーズを話したり(「待って!」など)、音声を再生したり(「笑って」など)、テキストメッセージを送信したり(「ここに来てください」など)、あらかじめ設定されたアクションを起動することができます。

また、アクセシビリティの新機能として、携帯電話のカメラを使って弱視の方や目の不自由な方の作業を支援するアプリ『Lookout』に手書き認識機能が搭載されます。

スマホでGoogle TVを操作

Google TVのリモコン機能がAndroidスマホに直接組み込まれます。なのでAndroidスマホから直接見たい番組を検索したり、お気に入りの番組を起動できます。

Googleアシスタントのリマインダーでタスク管理

Googleアシスタントでリマインダーを管理できるようになりました。「OK Google, リマインダーを開いて」と声をかければ、すべてのリマインダーを1ヶ所で管理できます。声を使ってTo Doを作成できますし、一度設定すればGoogleが最適なタイミングで通知してくれます。

Android Autoで仕事用プロファイルをサポート

Android Autoで仕事用プロファイルを新たにサポートします。これで仕事の打ち合わせやメッセージの把握などもAndroid Autoでできます。また、デュアルSIMの端末を使ってる場合は、Android Autoで通話する際にどちらのSIMカードを使用するか選択できるようになりました。

また、「Waze on Android Auto」も刷新され、より合理的なナビゲーションを実現しています。新しいデザインでは、タッチパッドのサポート、ナイトモード、車線案内のサポートなどが盛り込まれ、地図と案内が前面に表示され、他の要素が邪魔にならないようになっています。

GoogleフォトのロックフォルダがPixel以外にも

Googleフォトで写真やビデオをパスコードで保護されたスペースに置くロックフォルダが、Pixel以外の端末でも利用できるようになります。

ニアバイシェアで共有できる人をコントロール

近くの人とファイル送信などができる「ニアバイシェア」の表示設定が改善されます。これまでは自分が受信街状態にあると近くの人は誰でも自分のデバイスを発見できましたが、誰がファイルを送信できるのかをコントロールできるようになります。「全員」「連絡先」「誰もなし」で選択でき、これは簡単に変更できます。

その他にも

このほか、Emoji Kitchenに新たな機能が追加され、今秋には1500種類以上のステッカーが登場します。また、これまでPixel端末のみに提供されてきた、歩きスマホを警告する機能「Heads Up」がAndroid 9以上のほかのスマホでも利用できるようになります。(Digital Wellbeingのところにあります。)

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧