【作業環境改善計画】DAISOのマウス用リストレストとタブレットスタンドはどれだけ”使える”?買って確かめてみる

作業環境改善計画では、初回にマウス、2回目にキーボードをご紹介しました。今回は、「写真に写っていたけど紹介していなかったもの」を2つご紹介します。

DAISOの「ジェルリストレスト」と「タブレットPC用スタンド」です。

スペックなど

各製品のスペックは以下の通りです。

名称 ジェルリストレスト
サイズ 約760×200×108mm
材質 ポリエステル シリコーンゴム
名称 タブレットPC用スタンド
サイズ 約120×100mm
材質 スチール(PVCコーティング) 塩化ビニル樹脂
オフホワイト 、ブラウン 、グリーン

ジェルリストレスト

パッケージと見た目



製品の表と裏です。裏側は最初はビニールシートのようなものが貼り付けられており、剥がすと多少粘着性のある仕上げの面になっています。摩擦力を増して、滑らないような加工が施されています。

実際どうか?

DAISOでも一般的になりつつある200円(税込み220円)商品ですが、それ相応の弾力・ジェル感があります。

DAISOでは他にも低反発マウスパッドのような類似商品が存在します。そちらは100円(110円)ですが、多くの方が想像するような低反発の感触ではないと思います。なんというかのっぺりとした、単なるクッションで、まぁ100円だよな…というクオリティでした。

しかしこのジェルリストレストは、200円商品なのに結構頑張っています。格上の商品はいらないな…とはなりませんが、200円にしてはちゃんと”ジェル感”があります。低反発マウスパッドを買うなら、こちらのほうをおすすめしますね。

マウス用リストレストとして頑張ってくれています。

タブレットPCスタンド

パッケージです。スタンドが丸々露出した状態で売られています。カラーバリエーションモデルもあります。

裏面です。


スタンド単体だとこんなふうになっています。

この部分のハンドル(黒いもの)を回すことで固定します。

実際どうか?

もう他にスタンドを検討しなくなったほど良いです。つまみを回すことで固定する方式のため、角度が無段階に調節可能です。これにより、実現できない角度はまず無くなります。

タブレットが寄りかかる部分のパーツは、土台となる部分の2本とは別にあるので、ディスプレイ面を上(天井)向きにすることもできます。
また、比較的分厚いものでも入るので、タブレットのケースを付けたままでも使えます。ここは地味に重要なポイントです。

プラスチック製のスタンドなどと異なり、無理に力を入れて壊してしまうようなことがありません。プラスチックだとバキッといってしまうこともありますが、固定方式がネジで、かつスチール製であるため、よほど無理をしなければ、壊れることはありません。

これも、毎日活躍してくれています。

100均、すごいぞ!

以前から100円均一は良い意味で価格に見合わない、コスパの高い製品を多くリリースしてきたのはご存知の通りです。特にダイソーは、その規模を生かした実用的なガジェットが度々話題になっていました。

特に買いたいものはないけど、なんとなく寄る方も多いのではないでしょうか。そういう私もフラっと立ち寄ったダイソーで、今回の商品を見つけました。

タブレットPCスタンドは角度が自由自在で使いやすいですし、ジェルリストレストも、200円でジェルという驚きのコスパの高さを誇ります。

今回ご紹介した商品の他にも、100円均一には様々なデジモノガジェットが揃っています。今日の帰り道に寄り道してみるのも、いいかもしれません。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧