【先着150名限定で23,450円】Alldocube iPlay 40 Proが発売:Unisoc T618チップ搭載、8GBメモリに10.4 FHD+ IPS液晶搭載!

AlldocubeからiPlay 40 Proが発売されました。T40 PlusはUNISOC T618チップセットに8GBメモリ、256GBのストレージを搭載しており、10.4インチFHD+IPS液晶を採用しています。

なお、今回発売されたT40 PlusはECサイトのBanggoodにて先着50名限定セール(22,892円)を行っています。通常価格は29,034円です。また、151~400名までは23,450円、401~500名までは24,567円で販売するようです。

本記事の執筆時点では109台予約注文済で、23,450円の価格になっています。

Alldocube iPlay 40 Pro

Alldocube iPlay 40 Proのスペックをみていきましょう。

Alldocube iPlay 40 ProはSoCにUnisoc T618を採用しています。Unisoc T618のAnTuTuベンチマークは20万点ほどで、ネットサーフィンや軽いゲームをする程度であれば問題なく使えるでしょう。動画を観るのにも十分なスペックです。

ディスプレイはIPS液晶(2000×1200)を採用し、サイズは10.4インチです。FHD+にあたるディスプレイのため、動画視聴時の解像度を気にする必要はなく、NetflixやYouTubeなどをキレイな画質で楽しめます。

メモリは8GB、ストレージは256GBを採用しています。256GBもあれば容量に困ることはないですよね。それにしても2万台で256GBなんて初めてみました。

OSは現行のAndroid 11を搭載しています。格安タブレットはAndroid 9などを載せがちですが「Alldocube iPlay 40 Pro」は最新のバージョンが載っていていいですね。

Wi-Fiはデュアルバンド対応、Buletoothは最新規格の5.0に対応。GPSにも対応し、4G/DSDV対応でSIMを2枚挿すこともできます。様々なシーンで役立ちそうですね。

詳細スペックは以下の表を参照してください。

OS Android 11
SoC Unisoc Tiger T618
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
外部メモリ microSDXC (最大2TBまで)
ディスプレイ 10.4インチ 2000×1200 (FHD+)
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 248 × 157 × 8.2 mm
重量 約475g
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧