【コラム】 スマホ画面のアスペクト比(縦横比)、今の主流はどれくらい縦長なのか?2021

今の若い人たちは知らないかもしれませんが、かつてスマホの画面はその縦横比が16:9のものが主流でした。それが2017年にSamsungがGalaxy S8で18.5:9という画面比率のディスプレイを搭載してきました。そこからスマホの画面はどんどん縦長になっていきました。

2021年7月現在で、画面比率16:9のスマートフォンはもうほとんどないでしょう。逆に一番縦長のものといえばXperiaの21:9でしょうか。(Qin 2のような22.5:9なんていうものもありましたが…。)

実際、今のスマホの主流としてはどれくらいの縦長なのか、当サイトのユーザー環境から見てみました。

ざっくりとです

とりあえず、このサイトでのデータを調べました。他に調べられるものもないですし。ユーザー層としては偏ってると思いますが、主にこのサイトのこれからのために知っておきたいだけなのでいいのです。そんなに細かいデータだとか、それを見てちゃんとした考察とか、そんなんじゃないです。ざっくりです。ざっくりわかれば良いんです。

なお、2年ほど前にも同じような調査をしています。これと比べてみても面白いでしょう。

上位の画面解像度

とりあえず、自分のメインサイトのアナリティクスから、デバイスがモバイルのものの画面解像度を見てみました。かなり種類がありましたけど、その中から100件取り出して見ました。

とりあえず、上位10位までの画面解像度は以下のとおりです。

1位 360×640 7.58% 16:9
2位 375×667 6.14% 16:9
3位 360×780 5.11% 19.5:9
4位 360×720 5.11% 18:9
5位 360×800 4.82% 20:9
6位 393×851 4.52% 19.5:9
7位 412×960 4.29% 21:9
8位 375×812 4.24% 19.5:9
9位 360×760 3.85% 19:9
10位 414×896 3.62% 19.5:9
ちなみに、ここでいう解像度はスマホの画面のピクセル数とはちょっと違います。解説するとまた長くなるのですが、みなし解像度のようなものがあり、設定の「表示サイズ」でこれも変化します。

なお、今見てる です。

相変わらず16:9が1位なんですね。2位も…。合わせて13.7%くらいですか。2年前は28%くらいあったので、それに比べればだいぶ減ったみたいです。

あとは19.5:9というものが多いですね。Pixel 4aやPixel 5がこの画面比率です。

アスペクト比ごとにざっくりまとめた

上位100個までを、アスペクト比ごとにまとめてみました。

16:9 17.80%
17:9 0.32%
18:9 10.22%
18.5:9 5.13%
19:9 8.38%
19.5:9 25.20%
20:9 10.64%
20.5:9 0.36%
21:9 8.35%

これで見てもやっぱり19.5:9が多いですね。18:9、19:9、20:9、21:9はそれぞれ8-10%くらいで似たようなものです。

どれが使いやすい?

実際どれが使いやすいんでしょうね。ウェブの記事やSNSなど、縦に長くスクロールするものはやはり縦長のほうが便利で21:9なども威力を発揮します。

ただ、もともとが紙ベースの資料やコンテンツを見るときは上下に大きく余白が出てしまい、もう少しなんとかならないのかと思ってしまいます。

21:9は映画の比率と同じだとも言いますが、実際に使うともっと大画面で見たいよなぁ…という気持ちになります。

さて、みなさんはどれくらいの画面比率が好きですか?使いやすいと思いますか?

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧