【コラム】 LINEMO ミニプラン3GB月額990円は、これはちょっとインパクト大きい

7月15日に、ソフトバンクがオンライン専用ブランド「LINEMO」において、新しい料金プラン「ミニプラン」を発表し、提供開始しました。この新プラン、ある意味「20GBで3,000円弱プラン」が出てきたときよりも衝撃です。

この春に出てきたahamo/povo/LINEMOはそれぞれ「オンライン専用」「20GBにしては格安」という特徴がありましたが実際は「そんな大容量使わないよ」という人が多かったと思います。それが3GBというジャストフィットなプランを出し、いやそこまでならいいんですが、それが月額990円という安さだったから衝撃です。

格安SIMと価格を比較

月に3GBというのは格安SIMでも主流の容量です。とりあえず、3GB周辺の格安SIMの料金をまとめてみます。

1GB 2GB 3GB 4GB 5GB
LINEMO 990円
Y!mobile 2,178円
UQ mobile 1,628円
y.u mobile 1,639円
mineo 1,298円 1,518円
J:COM MOBILE 1,078円 1,628円
IIJmio 858円 1,078円
BIGLOBE 1,078円 1,320円
LinksMate 737円 770円 902円 1,078円 1,210円
QTモバイル 1,100円 1,540円
イオンモバイル 1,078円 1,188円 1,298円 1,408円 1,518円
nuroモバイル 792円 990円
エキサイトモバイル Fit:880円
Flat:1,210円
OCNモバイルONE 770円 990円

LINEMOはソフトバンクのブランドなので、MVNO品質ではなくキャリア品質です。それでいて3GBの月額料金はMVNOの中に入れても安いくらいになります。

…というか、ですね。これ完全にワイモバイルを食ってしまってますよね…。

LINEMO ミニプラン
・月額990円 3GB
・LINEフリー
・5分以内の国内通話1年無料

ワイモバイル シンプルS
・月額2178円 3GB
・1年間+1GB

ワイモバイルは実店舗があるので契約やその他の相談ができるというのはありますが、そういうのが必要ない人だったらLINEMOのみにプランのほうが良さそうです。あ、ワイモバイルだと端末が機種変更で買えて、LINEMOもだと端末は買えない、というのはありますね。

ahamoとpovoは追随するのか?

LINEMOが3GBの小容量プランを出したことで、ahamoとpovoが対抗のプランを出してくるのか。出してきたら、もう本当にほかの格安SIMは再びのピンチですね。

ドコモはahamoの発表のときに、もっと小容量低価格の「エコノミー」という枠を出していました。それがahamoとは別のプランなりブランドだとしたら、それがちょうどLINEMOミニプランの対抗となるのではないでしょうか。

povoは…どうなんでしょうか。KDDI傘下のBIGLOBEの新しい格安SIM「donedone」で少し実験してるような雰囲気ありますよね。それ次第で何かしらの動きはあるのかも。


とりあえず契約してたLINEMOはミニプランに変更しました。基本的に速度測定でしか使ってなかったので3GBも使ってませんでしたから。

ahamoとpovoも1,000円以下のプランが出てくれるとだいぶ安くなるので嬉しいのですが、そうしたらホント、格安SIMが終わってしまいそうですよね。春に価格改定したばかりなのに、ここに来てまたこんなインパクトあるものが来るとは思いませんでした。

いやぁ…ちょっとこの先がどうなるか、怖いです…。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧