BIGLOBEモバイル、タイプDの「3Gデータ通信」を2022年8月以降にサービス提供終了

BIGLOBEモバイルは7月7日、タイプD(NTTドコモ回線)の3Gデータ通信を、2022年8月以降にサービス提供を終了する予定と発表しました。これは、NTTドコモにおける第3世代移動通信方式「FOMA」の終了(2026年3月31日予定)に向けての対応となります。

タイプDの「3Gデータ通信」を2022年8月以降にサービス提供終了

使用してる端末がLTE対応端末の場合はそれほど影響ありませんが、非対応の端末の場合はデータ通信できなくなります。音声通話やSMSについてはしばらくは利用できますが、2026年3月31日のNTTドコモにおける3Gのサービス終了以降、利用できなくなります。

よっぽど古い端末でなければLTE非対応ということはありませんが、もしそういった端末を使っている場合は買い替えも検討しましょう。

なお、BIGLOBEモバイルにて販売したLTE非対応端末は以下のとおりです。

  • MEDIAS NEC-102(NECモバイルコミュニケーションズ)
  • Nexus 7 2012(Google)
  • RS-CV0C(ネクス)

これらの端末を購入されて現在も利用の実績がある方には、後日、BIGLOBEモバイルから買い替え等の案内がお知らせされるようです。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧