低価格で高音質なANC対応ワイヤレスヘッドホン「SuperEQ S1」レビュー

OneOdio様よりアクティブノイズキャンセリング(ANC)対応ヘッドホンの「SuperEQ S1」をご提供いただきましたのでレビューしたいと思います。

ご提供いただきましたOneOdio様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

6千円程度という比較的安価な価格ながら、ノイズキャンセリングにも対応した高機能ヘッドホンです。

  • ANC対応
  • 音質は比較的良い
  • 充電がmicroUSB
  • 自動電源オフ機能が無い

今回は割引クーポンを頂いております。Amazonで本製品をカートに入れてクーポン「MHBRDYSB」を入力すると30%オフ、5,999円→4,199円で購入できます。どうぞご利用ください。

クーポンコード : MHBRDYSB
期間 : 2021/6/19まで
割引率 : 30%オフ (5,999円→4,199円)

開封&外観チェック

では早速外観からチェックしていきたいと思います。パッケージは若者向けにありそうなおしゃれな感じ。でも派手って感じではないですね。

ヘッドホンなので、パッケージにそこそこのサイズ感はあります。

パッケージ内容はヘッドホン本体と専用の収納袋、3.5mmイヤホンケーブル、航空機用のアダプタ、microUSBケーブルと冊子類となっています。

航空機用のアダプタですが、最近は3.5mmジャックの航空機も増えてきたとはいえ、まだモノラル+モノラルのジャックの航空機もあるので付属しているのは便利ですね(使ったことはありませんが……)

こちらがヘッドホン本体です。色はブラックとホワイトがあり、今回はホワイトモデルを試用させていただきました。

ベースのホワイトと赤のラインというデザインで、ヘッドホンといえばブラックという印象も多いですが、ホワイトも良いと思いますね。

頭のサイズに合わせて長さを変えることもできますが、もう少し長くできたほうが良かったなと思います(個人的には若干小さい感じに思います)。

付属の収納袋に入れるとこんな感じです。レザー調で高級感ある袋となっています。

操作系統は右のヘッドホンにまとまっています。サイズが大きいために同じボタンで色々な操作がまとまっているわけではなく、いくつかのボタンに分かれています。

しかし逆に聞いている時にボタンを探してしまうことが多く、間違えて操作してしまうこともあるため、分かれているのは一長一短かもしれません

ANCボタンは1回押しでノイズキャンセリングと収音モード(アンビエントサウンド)の切り替え、2秒押しで外音コントロールをオフにできます。

また、充電端子や3.5mmイヤホンジャックも併せて付いています。ワイヤレスだけではなく有線ヘッドホンとしても使用することが可能となっています。

重量は285gとなっていました。ヘッドホンということでそこそこの重量はあります。

有線接続でも利用可能

このヘッドホンはBluetoothだけではなく有線でも利用可能となっています。付属の3.5mmケーブルを使ってBluetoothが使えない機器でも使用することができます。

もちろん、ノイズキャンセリング機能なども有線接続でも利用可能となっています。

充電はmicroUSBにて可能

充電はmicroUSBにて可能です。正直今時であればUSB-Cに対応していて欲しかったと思います。また、付属のケーブルは若干短い感じがするので、別途長いケーブルを用意しておいた方が良いと思います。

スペック

次にスペックを確認していきたいと思います。

製品名 SuperEQ S1
Bluetoothバージョン 5.0
スピーカー直径 φ40mm
スピーカー出力 最大40mW
スピーカーインピーダンス 32±15%Ω
感度 98±3dB
バッテリー容量 380mAh
最大再生時間(Bluetooth+ANC) 40時間
最大再生時間(Bluetooth) 45時間
最大再生時間(有線+ANC) 50時間
充電入力 microUSB 5V/120mA
充電時間 約2時間
周波数特性 20Hz~20kHz
騒音抑制量 28dB~33dB
その他 ハンズフリー通話対応

本体サイズがイヤホンに比べて大きいこともあり、単体で40時間以上の長時間再生も可能となっています。通勤などで聞いても1か月くらいは電池が持つのではないでしょうか。

実際に音楽を聴いてみた

ヘッドホンということで、肝心な音楽を聴いてみることにしました。

Bluetoothのペアリングは電源ボタンを5秒間長押しして行います。なお、Bluetooth接続中に有線接続を行うと、有線接続が優先されます。

音質は想像以上に良くて、変に高音が強すぎたり低音が強すぎたりすることもなく、イコライザー調整などをしなくても無難な音質で聞くことができます。ただし、若干低音が低い気はするので低音重視の人には物足りないかもしれません。

新品の状態では若干締め付けられる感じも

私の頭が大きいだけかもしれませんが、新品の状態ではバネが強くなっており、頭が締め付けられられているような感覚が有ります。

ヘッドホンでは良くあることなので、この製品が悪いというわけではありませんが、馴染むまでは頭に違和感があるのは我慢しなければならないかもしれません。

また、イヤーパッドは軽く引っ張ってみても取り外せなさそうでした。説明書にも取り外し方法などは無いので、交換できないのかもしれません。

ノイズキャンセリングはある程度のカットは期待できる

特徴機能のノイズキャンセリングですが、実際に通勤途中の電車内で使ってみた限りでは、驚くほどの静寂とまではなりませんが、ある程度はちゃんとノイズキャンセリングしてくれました。

元々イヤホンよりは遮音性も高いため、同価格帯のイヤホンよりはノイズキャンセリングの効果を感じられるのではないかと思います。

自動電源オフが無い

今まではケース付きのイヤホンばっかり使っていたので気にしていなかったのですが、本ヘッドホンは自動電源オフ機能がないようなので、手動で電源のオフを行わないと数時間たっても電源が切れないようです。

なお有線接続の場合はジャックを抜けば電源がオフになるようです。

耳栓代わりにANCを使うという場合は良いのかもしれませんが、気づかずに置いておいて使おうとしたら充電がゼロって可能性もあるので、付いていれば良かったと思う機能です。

高級品には敵わないが価格と性能のバランスの取れたヘッドホン

流石に数万円する高級品と比べてしまっては見劣りしてしまいますが、ANC搭載で音質も比較的良い中で、価格も6千円以下とバランスの取れたヘッドホンとなっています。

マスク生活で耳に入れるイヤホンが痛くなってきている人も居ると思いますが、気軽に使えるヘッドホンとして検討してみてはどうでしょうか。

今回は割引クーポンを頂いております。Amazonで本製品をカートに入れてクーポン「MHBRDYSB」を入力すると30%オフ、5,999円→4,199円で購入できます。どうぞご利用ください。

クーポンコード : MHBRDYSB
期間 : 2021/6/19まで
割引率 : 30%オフ (5,999円→4,199円)


また、現在OneOdio Japan公式サイトにてSuperEQ初登場記念のセールが開催されています。今回ご紹介したSuperEQ S1以外にもセール対象のヘッドホンがあるので、こちらもぜひチェックしてください。

OREFOLDERの最新情報をお届けします