OCN モバイル ONEの料金プランや機能、特徴まとめ:格安SIMでトップクラスの速度と料金が魅力

格安SIMのなかでも古株で、シェアも高い「OCN モバイル ONE」について、その料金プランや特徴、混雑時間帯における実際の速度をまとめます。

2021年4月1日より新料金プランになっており、格安SIMのなかでも料金が安く、速度もしっかりと速いという最もオススメできる格安SIMの1つです。

OCN モバイル ONE
公式サイトはこちら >

OCN モバイル ONEのコースと料金

OCN モバイル ONEは2021年4月1日より新料金プランになっています。

音声通話SIM SMS付 データ専用
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円 990円 858円
6GB/月コース 1,320円 1,320円 1,188円
10GB/月コース 1,760円 1,760円 1,628円
OCNでんわの通話料 11円/30秒
その他の通話料 22円/30秒
OCNでんわ
かけ放題オプション
10分:935円
トップ3:935円
完全:1,430円
初期費用 初期手数料:3,300円
SIMカード手配料:433.4円
OCN光モバイル割 毎月220円割引
容量追加 1GB/500円(3ヶ月後の月末まで繰越可能)
データ容量超過時の速度 最大200kbps
最低利用期間/違約金 最低利用期間なし / 違約金なし / MNP転出手数料なし

格安SIM各社は2021年の春に料金改定したところが多いですが、その中でもOCNモバイルONEは最安クラスです。詳しくは他社とまとめて料金比較した記事もご覧ください。

今回の改定で音声SIMとSMS付きSIMが同額となりました。またデータSIMとの差額も132円とかなり小さくなっています。この価格差なら音声SIMにしてしまったほうが良いですね。

また、これ以外に2019年1月以前のコース(旧コース)も一応契約は可能です。110MB/日など1日単位のデータ容量が選べるプランですが、新プランとの料金差や実際の通信速度から見ても、あまりオススメしません。新コースのほうが圧倒的にオススメです。

専用アプリなしで11円/30秒

OCN モバイル ONEでは、国内発信では専用アプリを使わなくても自動的に「OCNでんわ」での発信(11円/30秒)となります。他社の格安SIMだと専用アプリからの発信が必要になるのでミスしやすいのですが、OCN モバイル ONEなら安心です。

かけ放題は3種類

OCN モバイル ONEのかけ放題オプションは3種類あります。

■10分かけ放題(935円/月)
1回につき10分までの通話がかけ放題になります。
■トップ3かけ放題(935円/月)
その月の通話料の上位3番号の通話料が自動的に0円になります。
■完全かけ放題(1,430円/月)
国内通話が無制限でかけ放題です。

そのほかの機能やオプション

格安SIMでよくある機能もOCNモバイルONEはほとんどが対応しています。

  • データ繰り越し
  • カウントフリー
  • 容量シェア
  • 容量追加
  • バースト転送
  • 専用アプリ

データ繰り越し

月のデータ通信容量のうち、使わなかった分は翌月まで繰越が可能です。3GBコースであれば、2GBしか使わなかった場合に翌月は4GBまで使えることになります。繰り越した容量の期限は翌月までなので、どんどん貯めていくことはできません。

なお、データ通信容量は以下の順番で消費されます。

  1. 繰り越し容量
  2. 容量追加オプションにて追加した容量
  3. 基本通信容量

繰り越された分だけを使っていれば、また翌月も基本通信容量分が繰り越されていきます。

カウントフリー

対象サービスの通信量は「OCN モバイル ONE」の通信利用量にカウントされず、データ通信容量を消費しません。対象となるサービスは以下の4つです。

  • 050 plus
  • マイポケット
  • OCN モバイル ONE アプリ
  • OCNマイページ

また、これ以外に音楽系の8サービスがカウントフリーとなる「MUSICカウントフリー」というオプションがあります。こちらは別途申し込みが必要ですが、無料で利用できます。

容量シェア

契約の通信容量を最大合計5枚のSIMカードでシェアすることができます。家族で通信容量をシェアしたり、1人で複数のデバイスを利用する人に向いています。

初期費用
SIMカード手配料 433.4円/枚
月額料金
データ通信専用SIMカード 440円/枚
(容量シェアSIM料金440円+SIMカード利用料0円)
SMS対応SIMカード 572円/枚
(容量シェアSIM料金440円+SIMカード利用料132円)
音声対応SIMカード 572円/枚
(容量シェアSIM料金440円+SIMカード利用料132円)

容量追加オプション

月のデータ容量を使い切ってしまうと低速通信(最大200kbps)になってしまいますが、容量追加オプションで追加容量を購入できます。

申し込み方法 追加容量 料金 利用期限
OCN モバイル ONEアプリ経由 1.0GB 550円 申し込みから3ヶ月
上記以外 0.5GB

バースト転送機能

月のデータ容量を使い切ってしまったり、節約モードONのときは低速通信(最大200kbps)になりますが、その場合でも読み込み開始からある一定の通信容量までは高速通信になります。

最初にある程度を高速通信で読み込むので、体感上は短時間で読み込め、快適に利用できます。

専用アプリ

Google playOCN モバイル ONE アプリ
OCN モバイル ONE アプリ
制作: NTT Communications Corporation
価格: 無料

ダウンロード

データ容量の残量を確認したり、コースの変更や容量追加ができる専用アプリがあります。容量追加はアプリ経由だと1GB/550円なのでアプリ経由がお得です。また節約モードON/OFFで通信容量を節約することもできます。

その他有料オプション

月額料金
留守番電話サービス 330円
キャッチホン 220円
あんしん補償
スマホの画面割れ・故障…を修理/交換
550円
ノートン360
セキュリティ対策アプリ
330円
マイセキュア(1ライセンス)
セキュリティ対策アプリ
275円
マイポケット
1IDあたり128GBの大容量ストレージ
330円
OCNプレミアムサポート for スマートフォン
電話/リモート接続でサポート
429円
あんしんモバイルパック
マイセキュア、マイポケット、OCNプレミアムサポート for スマートフォンの3つをセットにしたパッケージ
704円

対応してない機能

逆にほかの格安SIMではあるけどOCN モバイル ONEではない機能としては以下のものがあります。

  • 5Gオプション
  • データ容量のプレゼント
  • 家族割
  • 銀行口座振替での支払い

MUSICカウントフリーで音楽配信アプリも気軽に

オプションのところで書きましたが、OCNモバイルONEには「MUSICカウントフリー」という機能があります。このオプションを申し込むと、対象サービスの通信容量がカウントされず、どれだけ使ってもデータ残量は減りません。使い放題です。

MUSICカウントフリーは申込みが必要ですが、利用料金は無料です。対象サービスは2021年5月25日現在、以下の8つです。

  • Amazon Music
  • ANiUTa
  • AWA
  • dヒッツ
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック
  • RecMusic

他社でも似たようなカウントフリーはあるのですが、やはり無料で使えるというのは強いです。使うかわからない場合でも、とりあえず申し込んでおくと良いですね。

実際の速度測定結果

OCN モバイル ONEは2019年11月より新コースが始まり、通信速度が大幅に改善されました。当サイトでは毎月2回、格安SIMの速度測定を行っていますが、OCN モバイル ONEは混雑時間帯でも毎回十分な速度を維持しています。

2021年5月下旬の測定結果

8時 12時 18時
Speedtest.net 42.64Mbps 40.44Mbps 44.58Mbps
5GMARK 18769pt 4383pt 23347pt

上記は当サイトでの測定結果です。通信速度はだいたい3Mbps出ていればそれほど気になることはなく、10Mbps出ていれば十分快適に使えます。OCNモバイルONEは混雑時間帯でも余裕でクリアしており、格安SIMの中ではトップクラスの速度です。

これは当サイトの測定だけでなく、他サイトでの調査でもトップクラスの速度を出しています。

goo Simsellerでスマホも安い

OCN モバイル ONEは同じグループのgoo Simsellerにてスマホとセットでの販売があります。このgoo Simsellerでは最新のSIMフリースマートフォンをかなり安く購入できます。特に発売直後は記念特価になることも多く、ほかのMVNOに比べ圧倒的にお得です。

例えば、2011年5月11日からgoo SimsellerではXiaomi製の「Redmi Note 10 Pro」とOCNモバイルONEの音声SIMセットが発売されました。「Redmi Note 10 Pro」はAmazonや家電量販店などでは34,800円で販売されています。ほかのMVNOでもだいたい似た価格です。

これがgoo Simsellerでは通常価格で26,100円で販売されています。すでに終わってしまいましたが、5月25日11時までは発売記念特価として18,000円で販売されており、MNPやオプション付きで申し込めばさらに価格が下がって最安10,300円でした。

この激安価格は多くの注目端末で実施されており、ほかのMVNOの追随を許しません。新しいSIMフリースマホが安く欲しければgoo Simseller、です。

ちなみに、新規で申し込むときだけでなく、機種変更でも特別価格で用意されています。新規で契約したあとも安心して使い続けられます。

まとめ:ドコモ系ならOCN モバイル ONEがオススメ

OCN モバイル ONEの良いところ・イマイチなところ(メリット・デメリット)をまとめてみます。

OCN モバイル ONEの良いところ
  • 月額料金が安い
  • 混雑時間帯でも通信速度は格安SIMトップクラス
  • goo Simsellerでスマホも安く手に入る
  • 無料のMUSICカウントフリーで音楽アプリの通信量を気にしない
OCN モバイル ONEのイマイチなところ
  • ドコモ回線限定
  • 口座振替での支払いは不可
  • バッテリー消費が激しくなる場合がある

OCN モバイル ONEはNTTグループ系ということもあり、ドコモ回線のみです。持ってるスマホや自宅周りの回線状況によってau回線やソフトバンク回線のほうが良いという人には向いてません。

また、端末によっては(特に古い端末では)OCNモバイルONEのSIMを挿してると他に比べてバッテリー消費が激しくなるという口コミもよく見ます。以下のサイトに詳しく書かれているので参考にどうぞ。

古い端末でOCNモバイルONEを使いたいと考えてる人は要注意ですね。


人によって状況は異なりますし、魅力に感じる点や重視する点も異なると思いますが、OCN モバイル ONEは多くの点で人に勧められる格安SIMです。goo Simsellerでのセールも毎月のように行われているので、新しいスマホと一緒に検討してみてはどうでしょうか。

OCN モバイル ONE
公式サイトはこちら >

ちなみに、セール時以外だとOCN モバイル ONEは月の下旬に契約するのがお得です。OCN モバイル ONEでは「申込日+10日後を含む月」が利用開始月で、この月は月額基本料が無料です。下旬に申し込めば10日後を含む月は翌月になるので、1ヶ月丸々無料期間になるんですね。ちょっとした差ですが、頭に入れておくとちょっとだけ得になるかもしれません。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧