バルミューダが携帯端末事業へ参入!京セラを製造パートナーにソフトバンクより2021年11月以降発売予定

家電メーカーとして知られるバルミューダが5月13日、新たな製品カテゴリーとして携帯端末事業へ参入すると発表しました。

バルミューダ自体は製品工場を持たないので、京セラを製造パートナーとして事業を開始、2021年11月以降に販売開始予定です。国内通信事業者としてはソフトバンクのみが取り扱い、ほかにSIMフリーモデルの販売も計画してるとのことです。

バルミューダのスマホが誕生

バルミューダは2003年設立の日本のメーカーです。トースターや電気ケトルなどのキッチン家電や扇風機といった家電メーカーとして知られていますが、設立当初はデスクライトやパソコン周辺機器を扱っていました。

今回の携帯端末事業への参入について、「家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたい」としています。

販売予定のスマートフォンは5G対応で、京セラを製造パートナーとします。国内通信事業者としてはソフトバンクのみが取り扱い、ほかにSIMフリーモデルの販売も計画してるとのことで、2021年11月以降の発売を予定しています。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧