楽天モバイルがエリアマップを更新!(3月5日版)

楽天モバイルは3月5日、4G通信のエリアマップを更新しました。市町村ごとの拡大エリアのほか、サービスエリアのマップでは現在のエリアの他に2021年5月末の予定と2021年夏以降の予定も色分けして見られるようになっています。

なお、5Gエリアについては変化なしです。

拡大エリア

3月5日付けで発表された拡大エリアは以下のとおりです。なお、2021年3月5日時点のデータとなります。

  • 埼玉県所沢市
  • 埼玉県入間市
  • 埼玉県坂戸市
  • 千葉県流山市
  • 千葉県印西市
  • 東京都羽村市
  • 東京都瑞穂町
  • 神奈川県海老名市
  • 神奈川県綾瀬市
  • 福井県鯖江市
  • 静岡県静岡市清水区
  • 愛知県常滑市
  • 愛知県小牧市
  • 愛知県知多市
  • 愛知県大口町
  • 愛知県阿久比町
  • 滋賀県大津市
  • 大阪府岸和田市
  • 大阪府箕面市
  • 岡山県岡山市中区
  • 岡山県岡山市南区
  • 高知県高知市
  • 福岡県北九州市八幡西区
  • 福岡県福岡市城南区
  • 福岡県久留米市

エリアマップには2021年夏以降の予定

エリアマップには現在のエリアのほか、2021年5月末の予定と2021年夏以降の予定が別の色で表示できるようになっています。

ただ、前回の4月末予定の部分と今回の5月末予定部分を比べてみると、紫で塗られてた(4月末の予定だった)部分が5月末の予定ではパートナー回線に戻ってしまってる部分もありますね。

icon-orefolder

どんどん広がってますね!私の生活圏ではもはやエリア外に出るのが難しくなってきました。繋がるかどうかは別として。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧