第2世代のNest Hubが登場!SoliレーダーのMotion Senseで睡眠分析も可能

Googleは3月16日、スマートディスプレイNest Hub(第2世代)を発表しました。7インチのディスプレイを搭載し、Soliレーダーを使って睡眠分析もできますが、今回もカメラは付いてません。

米国などで99.99ドルで予約を受け付けてますが、日本での発売は未定です。

Soliレーダーを搭載

第2世代となるNest Hubは前モデルと同じくカメラは付いてません。ただしPixel 4にあったようなSoliレーダーを搭載しており、それによりジェスチャーによる操作が可能となっています。

スマートディスプレイは台所において活用することもありますが、手が汚れてる場合でもディスプレイに触れずに様々な操作ができます。

Nest Hubで睡眠分析

新しいNest Hubでは睡眠分析もできます。カメラはありませんが、Motion Sense(soliレーダー)によってディスプレイに最も近い人の動きと呼吸に基づいて、どのように眠っているのかを分析します。

睡眠感知では、咳やいびきなどの睡眠障害や、Nest Hubの内蔵マイクと周囲光および温度センサーを使用して部屋の光と温度の変化を検出できるため、睡眠に影響を与えているものをよりよく理解できます。

第2世代のNestHubでのSleepSensingは、来年まで無料プレビューとして利用できます。また、将来的にはFitbitの睡眠追跡機能を使用する方法も模索しています。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧