私の愛したXperia:これまで10年のコレクションと思い出

10年以上前、初めてスマートフォンを手にしたのはXperia SO-01Bでした。それから7,8年はXperiaシリーズをメインのスマートフォンとして使ってきました。

今のメインはPixel 5ですが、それでもコレクション的に中古でデザインの気に入ったXperiaを集めたりもしています。(逆に新しいものはあまり買えてません。)

これまで手元にあったXperiaを振り返り、その中から特に思い入れのあるものをいくつか語ってみようと思います。

これまで購入したXperia

Xperiaは好きですが、実はそこまで多くは買い集めてません。毎年メインスマホをXperiaで買い替えてきた、という人の方が私よりも持っているんじゃないでしょうか。これまでに購入したものを挙げてみます。(順番に意味はありません。)

Xperia, Xperia mini, Xperia neo, Xperia acro, Xperia acro HD, Xperia SX, Xperia P, Xperia X Compact, Xperia ray, Xperia sola, Xperia ZL2, Xperia XZ, Xperia XZ1, Xperia M2, Xperia Z3 Compact, Xperia Z5 Compact, Xperia arc, Xperia X Performance, Xperia UL, Xperia M4 Aqua Dual, Xperia Z Ultra, Xperia 1

22機種ですかね。正直、ジャンクのものをコレクションで買っただけのものもあるので、実機を見ても名前を思い出せないものもありました。

この中から特に印象深い8機種を紹介します。

Xperia SO-01B

2010年5月に購入した、私の始まりの1台です。
とは言っても、最初に購入したのは黒で、2台目を購入する際にその資金とするために売却してしまいました。なのでこの白はかなり後になって中古で買い直したものです。

今見るとかなりのコンパクトです。当時は大きめでしたけど。この背面のSony Ericssonマークも好きでしたね。

Xperia sola

日本未発売のXperia solaです。2012年でしょうか。これもしばらくメインで使ってました。コンパクトさと色が良かったです。

一番の外見的特徴は全面にあるこの段差です。この段差で意外とボタンを押すのに便利だったりします。今でもこのデザインは好きですが、今見るとベゼルの太さが目立ちますね。

Xperia ray

Xperia rayは発売当時は欲しかったのですがキャリアモデルということもあり買えず、あとから中古で手に入れました。コレクション目的ですね。

かなりコンパクトなサイズと、ホームボタン周りの周りのデザインがとても好きです。女性に人気がありましたね。こういう路線の端末デザイン、またやってほしいんですけどね。

Xperia X Compact

キャリアモデルですがヤフオクかなにかで発売後まもなく手に入れました。個人的にはこれまでで一番「手にしっくり来るスマホ」です。チューブデザインでしたっけ?この側面が丸くなっているのが持ちやすく、コンパクトさと合わさって最強でした。

ポップな色合いで高級感はないのでハイエンド志向の人からは安っぽいと言われてしまいますが、高級感を出そうとするギラギラしたものが苦手な私にはとても刺さるものでした。

Xperia Z Ultra

ここまでのコンパクト系とは逆にパスポートサイズの大型スマホ Xperia Z Ultra もメインで使っていた時期がありました。2013-2014年くらいでしょうか。もともとスマホを「電話」としては使っていなかった私に「情報端末」としてこのXperia Z Ultraはぴったりでした。

単に6.44インチというディスプレイサイズなら今は珍しくもありませんし、これまでにも大きな画面のスマホは出てきましたが、単にスマホを大きくしただけではない情報端末っぽい端末は唯一無二でした。今思うとどちらかというとタブレットに近いのでしょうか。(Wi-Fi版がタブレットとして売られてましたよね。)

ちなみにこの端末のことをズルトラと略す人がいますが、私はそれには反対派です。たしか開発陣もあまり好まないと言ってた気がしますし。呼ぶときはXperia Z Ultraと呼んでます。

Xperia M4 aqua

ここまで挙げてきたものに比べるとマイナーな部類に入るのがXperia M4 aquaです。ミドルレンジのMシリーズでaquaの名前の通り防水に対応してます。

この背面カラー(コーラル)がとても良きです。真紅だったりメタルレッドだったりも好きですが、こういったピンクに近く淡い赤もまたいいものです。

Xperia ZL2

まだXperiaアンバサダーがあった頃の端末、Xperia ZL2です。けっこう厚みがあってランチパックとも呼ばれてました。でも私は割と好きなんですよこれ。

ターコイズカラーの背面が好きで、とくにこのXPERIAロゴが微妙に浮かび上がって見える加工が好きすぎます。

発売当時は手が出なくて、かなり後になってジャンクで購入しました。なので実際の使用感などはまったくわからず、たんにコレクション、観賞用です。

Xperia P

最後に2012年頃のXperia Pです。デザインの良かったXperiaとしてよく挙げられる端末です。購入したのは黒だったのですが、やはり赤が欲しくて外装だけ別で購入し換装しました。この赤は今でも至高です。

Xperia Pといえばフローティングプリズムです。ホーム、メニュー、戻るの各ボタンの部分が透明なんですよね。ちゃんとそこをタッチで操作できるんですよ。Xperia NXなんかにも同じようなものはありましたが、あちらはタッチ操作できなかったのです。これも、今はもう出てこないデザインですよね。

まとめ

やっぱりXperiaのデザインは好きですね。(やや古いものに偏ってますが…)

実は、これまでコレクション的に古いXperiaをジャンクでも買って手元に残していたのですが、それもやめようかと考えていました。なにに使うわけでもないですし、電源も付けず充電もしないまま放置しておくのも良くないでしょうし。

ですが、今回挙げた8機種などはやはり手放すにはどうにも惜しいと感じてしまいます。そういったものは、もうしばらくは、手元においておこうかと思いなおしました。

icon-orefolder

やっぱりXperiaが好き!

ちなみに、Xperiaについては4年半ほど前にも同じような記事を書いてるんですよね。実はそこからあまりコレクションは増えてなかったりします。

記事タイトルもかぶってますね…。また4年後に同じような記事を書くかもしれません。書けたら良いですね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧