KLWPがv3.52にアップデート!バッテリーセーバーのオンオフを判別できるように

ライブ壁紙制作アプリ『KLWP』がv3.52にアップデートされました。

今回のアップデートでは起動した時のメニュー画面がリニューアルされ、文字列をURLエンコードする機能とバッテリーセーバーのオンオフを判別する機能が追加されました。

Google playKLWP Live Wallpaper Maker
KLWP Live Wallpaper Maker
制作: Kustom Industries
価格: 無料

ダウンロード

起動時の画面がリニューアル

アプリドロワーなどから起動した時の画面が変わりました。これまでは直接編集画面に行ったのですが、v3.52ではインストールしてるテーマなどが表示されます。「現在編集中」という部分をタップすれば編集画面へ移動できます。

インストールしてるテーマパックのテーマ一覧ページはより見やすくなりました。

URLエンコード

新しく$tc(url, “text“)$で青字部分のテキストをURLとして使えるようにエンコードします。スペースは+になりますし、日本語もコードに直してくれます。

バッテリーセーバーのオンオフを判別

$si(powersave)$でバッテリーセーバーがオンかオフか判別し、オフなら0、オンなら1が表示されます。Pixel 5の「バッテリーセーバー」、AQUOS sense3の長エネスイッチで動作を確認しました。ただ、オン・オフしてから実際にKLWP側で数値の変化が起きるのはすぐにとは行かないようです。


KLWPの使い方については以下のページにてまとめています。使い方に困ったときなど、こちらのページも参考にしてください。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧