Smoozがサービス終了-情報の外部送信などで問題に

アスツールはブラウザアプリ『Smooz』について、2020年12月23日をもってサービス終了すると発表しました。すでに数日前からPlayストアなどでの配信はストップしており、そのまま終了となります。

情報の外部送信が問題に

Smoozについては、ユーザーの情報や検索・閲覧の情報などが外部送信されてることが問題として1週間ほど前から話題となっていました。

この問題について運営のアスツールから説明や機能修正などがありましたが、12月23日付でSmoozの提供を継続することは困難ということでサービス終了が発表されました。

プレミアム会員については、12月分からの利用料金は返金となり、交換可能なSmoozポイントを持っている場合はそのポイントも交換するとのことです。返金方法などはSmoozのブログにて案内が掲載されるとのこと。

また、これまでに収集した利用者様の情報については、返金に必要な情報以外はすべて削除が完了しており、返金対応が完了次第、全ての情報を削除するとのことです。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧