Nova Launcherでホーム画面にフォルダを作る

スポンサーリンク

Nova Launcherでは、ホーム画面上に複数のアプリアイコンを含めた「フォルダ」を作成できます。画面上でフォルダをタップすると展開して中身のアプリアイコンが見えるようになり、アプリを起動できます。

ほぼすべてのアプリが置かれたアプリドロワーと違い自分で選んだものを自分で置けるものであり、またホーム画面のスペースを節約できるものでもあります。

フォルダの作り方

Nova Launcherでのフォルダの作り方は簡単です。

まずフォルダに含めたいアプリアイコンを長押しして移動、別のアプリアイコンの上に重ねるようにして指を離します。

丸の中に先程のアプリが2つ入ったような表示になりました。これでフォルダの作成完了です。ほかのアプリも同じようにフォルダに重ねて中に入れましょう。

フォルダをタップすると展開し、中には言ってるアプリを確認できます。ここでフォルダの名前も設定できます。(名前は非表示にもできます。)

フォルダのカスタマイズ

フォルダの表示はNovaの設定からフォルダでカスタマイズできます。

ウィンドウスタイル

ウィンドウスタイルは、フォルダのアイコンをタップして展開したときに見た目を変更します。通常のホーム画面上に小さく表示されるのが「ウィンドウ」で、ホーム画面は消えてフォルダの中身だけになるのが「没入型」です。

アイコンレイアウト

アイコンレイアウトでは、ホーム画面上でのフォルダの見え方を変更します。

「アイコンレイアウト」で小さなアプリアイコンの並び方を選び、「背景の模様」でアイコンの背景部分(デフォルトは白い円)を変更します。

組み合わせていろいろできるので、自分好みになるまでどんどん試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました