日本通信の合理的20GBプラン(今は16GB)を契約しました

12月10日より受付開始となった日本通信SIMの新プラン「合理的20GBプラン(今は16GB)」を契約してみました。

10日の受付開始直後に申し込み、11日発送、12日15時くらいに届きました。今後、格安SIMの速度測定比較の記事で実際の速度など確認していきたいと思っています。

必要最低限の送付物

スタートガイドとSIM、そして納品書がレターパックで送られてきました。余計なものは要らない、必要最低限で十分、といったのが日本通信らしいと言えばらしいですね。

まずは開通手続き

まずは日本通信のマイページから開通手続きをします。マイページのアカウントは少なくとも申込時に作成してると思いますが、b-mobileのアカウントと共通です。SIMが複数ある場合はプルダウンメニューで新しいSIMを選んで開通申し込みボタンをタップします。

あとは送られてきたSIMカードに書かれてる番号の下4桁を入力して開通するボタンをタップでおしまいです。

実際に開通して使えるようになるまでは少し時間がかかります。10~20時までに申し込みをした場合は約1時間で開通し、20時以降は翌日の11時頃に開通となります。20時までに手続きしないと当日中の開通ができない、というのは注意点ですね。

手続き後、まず受付完了メールが届き、開通すると開通完了のメールが届きます。1時間くらいか~と思っていたら2分で開通完了メールが届きました。速いッ!

初期設定と速度測定

ちなみにSIMは真っ白でどのサイズにもできるマルチカットです。最近はみんなこれですね。

さっそくスマホに入れて設定です。

たぶん最初から日本通信SIMの設定が入ってるスマホはほとんどないと思うので、自分で設定から追加します。追加するAPN情報は以下の通り。

APN dm.jplat.net
ユーザー名 jci@jci
パスワード jci
認証タイプ PAPまたはCHAP
PDP_Type IP

これで通信できるようになりました。というわけでさっそく速度測定してみました。

おぉ、速いですね!
…とは言っても、速度測定したのが土曜日の16時前なので、まぁ速くても当たり前ですね。また後日にでも平日の昼休み時間帯にも測定してみようと思います。

追記:月曜の昼の混雑時間帯に測定してみました。

さすがに1日の中で一番混雑する時間帯なので速度は低下していますが、十分な値は出ています。ドコモ系格安SIMとしてはかなり速い部類です。

どれだけ使ったかわかりにくい

日本通信SIMは専用アプリ等がないので、自分が今どれだけデータ通信したのかはマイページから確認するしかありません。(もしくはスマホの設定からモバイルデータ量を確認する方法もあります。)これはちょっと面倒ですね。

また、通話についても月に70分までは(専用アプリではなく普通にスマホの電話アプリで)かけ放題ですが、それがあとどれだけ残ってるのかはわかりません。

このあたりはできればアプリを作るなどで対応してほしいところです。

しばらく使ってみます

自分は月に16GBどころか3GBも通信しませんし電話もほとんどしないのですが、とりあえずしばらくは使ってみようと思います。昼時など混雑時間帯の速度については次回以降の速度測定記事で確認していきます。

また、16GB使い切ったあとの低速がどれほどの速度なのか、ここは非公表となっているので、これも実際に試してみようと思っています。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧