先着300名限定のmineo 5G缶をもらってきた!ついでに速度測定も!

mineoの5Gサービス開始を記念して、渋谷/大阪のmineoショップに5Gが変える自動販売機「5G販機」が設置されています。

この自動販売機では先着300名限定で5G対応のSIMを200円で購入することができます。200円はすぐに返金されるので、実質無料でmineoの5G通信を体験することができます。(5G対応端末は自分のものが必要)

実際にmineo渋谷店まで足を運んで「5G缶」をもらってきたので、そのレポートをお届けします。

渋谷駅から徒歩ですぐ

mineo渋谷店はJRのハチ公口、地下鉄のA6出口からでて渋谷センター街をはいってすぐに「mineo」の看板を確認することがします。
Googleマップを使えば迷うことはないと思いますが、マップを使っても迷う友人がいたので一応…。(Googleマップではこちら

ちなみに、筆者が到着したのは開店からちょっと過ぎたくらい。すこし列ができているくらいで、そこまで混んでいるといったわけでもありませんでした。というか、筆者のあとに並んでる人はいなかったので、夕方、もしくは明日にいっても残ってそうな気がします。

5G缶を買って(もらって)きた

5G缶を買うためにはかんたんなアンケートに回答する必要があり、キャンペーンを知った理由や住所などの個人情報を記入します。なにも難しいものではないですし、すぐに終わると思います。

アンケートを終えて自分の番が来ました。画像には載っていませんが、上の列はAプラン(au回線)、真ん中の列がDプラン(docomo回線)、下の列がSプラン(ソフトバンク回線)になっています。各100本×3で300名限定です。SプランとDプランでちょっと悩みましたがDプランを選びました。

こんな感じで普通に自販機です。

そして手にした5G缶。スプライトみたいなデザインをしていますね。「未来を缶じろ」「内容量3GB/月」「水分0.00%」など遊び心が溢れた缶です。

内容物は返金分の200円、マニュアル、SIMピン、そしてSIMカードでした。

SIMはマルチカットSIMになっており、Microサイズや標準サイズにも対応しいます。

帰宅してからマニュアルを確認するとSIMについて詳しく書かれていました。
使用期限は2021年2月1日で、5Gおよび4G/LTEの高速通信を3GB/月使うことができます。容量を使い切った場合は通常のmineoSIMと同じく200kbpsで使い続けられます。しかも11月に開通されているので11月分の3GBが繰り越されて12月は6GBまで使えるらしいです。使い切りじゃないんですね。

12月は6GB、1月は3GBで、それが実質無料。なんて太っ腹でしょう。

せっかくなので速度測定

MVNOの5G回線速度が気になったので測定してきました。といきたいところなんですけど、スクランブル交差点の周辺では5Gが安定せず…。地下鉄のB7出口付近まで歩いたら繋がったので、そこで速度測定してきました。結果は…。

下り237Mbps、上り43.8Mbps!

混雑しない時間だからだとは思いますが、それでもやっぱり速い。久々にモバイル回線で3ケタの速度をみました。この速度をフル活用してスピードテストばかりやってたら一瞬で容量を使い切って速度制限になりますけどね。

自販機でSIMを配布するコンセプトがいい

海外の空港では自販機でSIMもあるようですが、日本では(まして実質無料で)配布することなんてそうそうありませんし、ちょっと近未来?を体験できた気もします。

筆者は最初、飲み物の背面に簡易パッケージが貼り付けられているのかな?なんて予想していましたが、実際に購入してみると本当に「缶に入っているSIMパッケージ」でした。その缶も遊び心にあふれているデザインでちょっと笑っちゃいました。

実現することは難しいと思いますが、SIMのパッケージを自動販売機…までとはいかなくとも、もうすこし実店舗で入手しやすくすればハードルも下がるような気がしますし、利用者も増えるのではないか?そんなことをちょっと考えたり。

長々と書いてしまいましたが、付近にすんでいて気になった方は足を運んでみてはどうでしょうか。ガジェット類が好きなひとには楽しめると思いますよ。ただし、先着300名ですから行くのはお早めに。

mineo
公式サイトはこちら >

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
Xiaomi Mi 10 Proをメインで使っています。 スマートフォンの選択基準はカメラ性能と実用性。スマホ以外にも、オーディオや自作PCをはじめとした電子機器全般に興味が偏りがちです。
⇨CloNisの記事一覧