楽天モバイル、eKYC(電子本人確認)を11月9日より開始!申込時の本人確認がすぐ終わる

楽天モバイルは11月9日より、申込時などの本人確認にeKYC(電子本人確認)を開始すると発表しました。通信契約向けで国内キャリアとして初となります。これにより新規申込時に本人確認がその場ですぐに終わり、eSIMの契約ならその場で使い始めることができるようになるといいます。

本人確認がすぐに完了

従来は新規申込時に免許証などの画像をアップロードし、またSIMの配送時にも本人確認するなど時間がかかっていました。しかしeKYCを使うことでその時間が短縮され、SIMの配送のないeSIMでの利用なら、申込後すぐに使えるようになります。

楽天モバイルのeKYCでは運転免許証に対応し、本人確認時に免許証をカメラで撮影し、その後本人の顔を登録することで本人確認を行います。

  1. 「my 楽天モバイル」アプリより、楽天モバイルへの申し込み。
  2. 本人確認書類の提出画面で「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択し、本人確認を開始。
  3. アプリの案内に従って、「運転免許証」の表面を撮影。
  4. 次に、厚みを確認するために、「運転免許証」を傾けて撮影。
  5. 「運転免許証」の裏面を撮影。
  6. 明るい場所で顔を撮影。
  7. アプリの案内に従って、ゆっくりまばたき。これで本人確認は完了。
    なお、eSIM対応製品をお持ちの場合は、申し込み完了後すぐにサービスを利用することが可能。

この運転免許証と本人の顔登録による確認はAIで行われますが、セキュリティの観点から人によるチェックも入るということです。

まずはAndroid版の『my 楽天モバイル』アプリで11月9日より提供され、iOS版は11月30日開始予定。その後、楽天モバイル公式サイトでの契約にも順次導入
される予定です。開始時点では運転免許証のみが対象ですが、今後ICチップの読み取り機能を追加し、「マイナンバーカード」も対象とすることで、アップロード時間の短縮化と、不正書類の使用防止といった対策強化を図ルトのこと。

eSIM対応端末も

楽天モバイルのオリジナル端末「Rakuten Mini」に「Rakuten BIG」、12月発売予定の「Rakuten Hand」はeSIM対応の端末です。今後はこれ以外にも対応端末が増えるということで、「AQUOS sense4 lite」と「OPPO A73」の2つの端末が紹介されました。

「AQUOS sense4 lite」は楽天モバイル限定の端末で11月中旬発売予定、「OPPO A73」は12月上旬発売予定となっています。どちらもまだ端末詳細のページはありません。

「AQUOS sense4 lite」はおそらく9月に発表されたシャープのAQUOS sense4の廉価版だと思われますが、元のAQUOS sense4がeSIM対応という話は出ていません。もしかするとAQUOSスマホ初のeSIM対応端末になるかもしれませんね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧