アプリのレビュー、書きたくなるのはアプリが落ちた時や重いなど不満を感じた時

スマホアプリのクラッシュ、エラー検知・分析ツールの提供や情報収集を行ってるFROSKは9月9日、スマートフォンのアプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査「アプリクラッシュ調査レポート2020年上半期」を公開しました。

ユーザーがアプリのレビューを書きたくなるのはどんな時なのか等の調査結果が記載されており、同社ウェブサイトより無料でダウンロードできます。

アプリのレビューを書きたくなるのは不満を感じた時

「アプリにどう感じた時にレビューを書きたい(5段階評価の星を付ける、コメントを書く)と思いますか?」という質問に対して、一番多かった回答は「不満を感じた時」で23.9%した。そもそものレビューを書きたいと思わない人も多いですが、その中で動機がネガティブなほうが多いことがわかります。

不満の中でのポイントとしては「動作の安定性(強制終了や固まる)」が33.5%とトップでした。やはり使いたいアプリが使えないときが一番ストレス溜まりますからね。

若い人のレビュー経験率は結構多い

「アプリのレビューを書いたこと(5段階評価の星を付ける、コメントを書く)はありますか?」という質問では、年齢別にグラフ表示されています。ここでは20歳〜29歳が50.7%、15歳〜19歳は47.3%と、若い人ほど高い傾向にありました。

なかなか興味深い結果ですね。
このほかの結果についてもプレスリリースにありますし、より詳しい結果が欲しければサイトからダウンロードできます。(無料ですがメールアドレス必須です。)

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧