端末

Amazon、球体デザインや車載型などの新しいEchoシリーズおよび新型Fire TV Stickを発表!9月末より順次発売

Amazonは9月25日、新しく球体デザインとなったEchoシリーズなどAmazonデバイスを6種発表しました。
Echo、Echo Dot、Echo Dot with clockは新しい球体デザインでさらに音質を改良、Echo Show 10はデザインを一新し、声と動きにあわせてディスプレイが350°回転します。それに加え、車の中でAlexaを利用できるEcho Auto、そして新しいFire TV Stickが登場です。

Echo 第4世代

第4世代となったEchoはこれまでの円筒型から球体デザインへと変更されました。3.0インチのウーファーと2つのツイーターを搭載し、クリアな高音、ダイナミックな中音、そして深みのある低音で、Dolbyステレオサウンドを楽しむことができます。また、Echo Studioと同様に、自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知し、最適な音質でのオーディオ再生を微調整できるため、お気に入りの音楽を設置場所に合わせてリッチで細やかなサウンドで再生します。

価格は10,980円でカラーはグレーシャーホワイト、チャコール、トワイライトブルーの3色。発売予定日は2020年10月22日です。

Echo Dot 第4世代

EchoがコンパクトになったEchoシリーズのベストセラー「Echo Dot」も第4世代で球体デザインとなります。コンパクトながらもパワフルで、明瞭なボーカルとバランスのとれた低音により、豊かなサウンドを再生します。

価格は5,980円でカラーはグレーシャーホワイト、チャコール、トワイライトブルーの3色。発売予定日は2020年10月22日です。

時計表示のあるEcho Dot with clockも同じく改良され、シンプルなLEDディスプレイで時刻や気温、タイマー、アラームを簡単に確認することができます。

価格は6,980円でカラーはグレーシャーホワイト、トワイライトブルーの2色。発売予定日は2020年11月5日です。

EchoとEcho Dotのサイズ差は上図の通り。Echoは横幅144mm、Echo Dotは横幅100mmとなっています。

Echo Show 10 第3世代

これまで数字の付いてなかった「Echo Show」は第3世代でEcho Show 10となりました。デザインも大きく変わり、ユーザーの動きに合わせて左右に350°回転するので、部屋の中のどこにいてもすぐにスクリーンを正面から見ることができます。Alezaを通じたビデオ通話中も、自動フレーミング機能で話してる人を自動的に正面から表示してくれます。

音質面も向上しており、2つのツイーターと強力なウーファーを内蔵し、自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知しながら、指向性のある良質なサウンドとエンターテインメントを楽しめます。

価格は29,980円でカラーはグレーシャーホワイトとチャコールの2色。発売日は「近日発売予定」となっています。

Echo Auto

Echo Autoは車に設置して車内でAlexaのサービスを利用できるEchoシリーズ初の車載デバイスです。スマートフォンのAlexaアプリを介してインターネットへ接続し、Alexaとハンズフリーで対話できます。

8つのマイクアレイを搭載しており、カーオーディオからの音楽、エアコンの音、運転中の騒音などが騒々しい車の中でも、話しかける声にAlexaがスムーズに応答します。電源はシガーソケットもしくはUSBポートからの給電となり、3.5mmオーディオケーブルまたはBluetoothでカーオーディオで音声出力、付属のエアベントマウント(送風口用アタッチメント)を使用して設置します。

車の送風口の形状によっては設置が困難な場合があるようなので、その点はお気を付けください。
価格は4,980円で9月30日発売予定です。

Fire TV Stick

Fire TVシリーズの新モデルとしてFire TV Stickがリニューアルされました。Fire TVシリーズはTVやディスプレイのHDMIポートに接続するストリーミングデバイスで、TV番組、映画、ライブ配信等を楽しめます。

新世代のFire TV Stickは、1.7GHzのクアッドコアプロセッサーを搭載し、従来のFire TV Stick(第2世代)と比較して50%パワフルになった一方、消費電力を半分に抑えました。HDRに対応し、1080p/60fpsのストリーミングによる鮮明な映像に加えて、Dolby Atmosに対応するオーディオで臨場感あるコンテンツを堪能することが可能です。また、5GHzネットワークをサポートするデュアルバンド、デュアルアンテナのwifiチップの搭載により、安定したストリーミングを実現し、接続の途絶を減少させます。付属するリモコンには、電源、音量、ミュートのボタンを備え、対応するテレビやサウンドバー、AVアンプを操作することができます。

価格は4,980円で、発売予定日は2020年9月30日です。

参考情報

Random Posts

Please Rescue Me!:指定した時間スマホのロック解除されないとメールを送信するアプリ
IIJmioが「新春!IIJmio大感謝祭」を開催!端末セールや利用者向けプレゼント企画も
Blackview A80 Proは11/29に初回価格79.99ドルで発売開始!
ファーウェイ、5つのAIカメラにパンチホールディスプレイ搭載「HUAWEI nova 5T」を11/29発売
ソニーの重低音モデルヘッドホン MDR-XB550AP:見た目重視で選んだヘッドホン
ドコモ、Xperia XZ Premium SO-04J / XZ1 Compact SO-02K / XZ1 SO-01KにAndroid 9 PieへのOSアップデートを配信開始
月間アクセスランキング【2019年7月】
クロネコメンバーズとGoogleアシスタントが連携開始!Google Homeに話しかけて配達日時の変更が可能に
Google Play ベストオブ 2018、今年はリアル投票所も登場!渋谷、秋葉原、新宿で投票可能
nuroモバイルのau回線を契約しました
ヤフー、『Yahoo!ファイルマネージャー』など2020年3月末日までに提供を終了するアプリを発表
LuxurishHome for KLWP – Scandinavia【あなたのホーム画面見せてください 2019】
Palm Phone用フィルムはミヤビックスの反射防止液晶保護フィルム OverLay Plus 9H
楽天モバイル本格スタート!パートナー回線エリアのデータ容量と消費後の速度をアップグレード!
Mi Note 10 Liteが21,800円、Redmi Note 9Sが10,900円!OCN モバイル ONEにて販売開始!