ガジェット

スマホ連動型カーテン自動開閉機「mornin’ plus」で 朝、起きる。

朝起きる。それは当たり前のことです。でもそれができない人や難しい人もいます。遮光カーテンで陽の光を遮っているといつまでも暗い中ですし、いつまでも寝てしまいますよね。隣に住む幼馴染のお姉ちゃんがカーテンを開けてくれれば起きられるのに…そう思ったことはありませんか?

朝起きなくても誰も叱ってくれない、迷惑がかかるのは自分にだけという自営業の私はスマホ連動型カーテン自動開閉機「mornin’ plus」を導入しました。朝日を浴びれば、起きられるはずなんです。やればできるはずなんです。

スマホ連動型カーテン自動開閉機「mornin’ plus」

mornin’ plusは、簡単に言うと「設定した時間に自動でカーテンを開け閉めしてくれるガジェット」です。スマホで設定して、あとはおまかせ。スマホが近くになくても自動で開け閉めしてくれます。スマホからの操作で開け閉めも可能。

これを使えば、朝設定した時間にカーテンを開けてくれるので、朝日で目が覚めます。なかなか朝起きられない人には便利なガジェットだと思います。

実際に自動で動いてく様子を見るのも面白いですよ。

取り付けも簡単

mornin’ plus本体は缶コーヒーと同じか少し小さいくらいの大きさです。見た目も大きなボタンと上にローラーが2基あるくらいでシンプルなものです。とは言っても設置したら目にすることはほとんどないんですけどね。

中央のボタンを押すとローラーの向きが90度回転します。この状態ならカーテンレールに入るので、そこに差し込むように設置します。指を離せば元の角度になるので落ちません。

このmornin’ plusが時間になると左右に動いてカーテンを開閉します。なので一番端と2番目のフックの間に設置します。

裏から見るとこんな感じ。普段は隠れて見えないところですね。外から見られたとしてもそう目立つものでもないでしょう。

自動で開閉

Google playめざましカーテン mornin’ plus [モーニンプラス]
めざましカーテン mornin' plus [モーニンプラス]
制作: Robit Inc
価格: 無料

ダウンロード

開け締めの時間等はスマホのアプリで設定します。

このアプリで設定できる項目は以下のようなものです。

  • タイマー(自動開閉の曜日時間の設定)
  • アプリからの操作で開け閉め
  • 開く方向
  • 開閉時のパワーと移動時間
  • タイヤの昇降設定

こういう設定を、Bluetoothで接続したスマホでやるから「スマホ連動型」となっているのですが、一度設定したあとはもうスマホがそばになくても自動で開閉してくれます。朝起きる時にカーテンを開けて、出勤後の時間になったら(もしくは夕方になったら)自動で閉まる、というようにすれば、もうカーテンを触ることはほとんどなくなります。

開閉はゆっくりで音はうるさい

mornin’ plusの販売サイトでのレビューを見ると「音がうるさい」というものが目立ちます。たしかにうるさいです。正直、陽の光よりもこの音でまず目が覚めるというのはあります。

この「動作音」にも2つあります。1つは動くためのローラーが本体から出てくる音、そして実際の移動の時の音です。どちらもアプリ上である程度調整できる(動作速度をゆっくりにすれば音も小さくなる)のですが、最初のローラーが出てくる音がですね、本当にうるさいです。

まぁどうせ起きるのですし、目覚ましアラーム代わりと思えば多少うるさくてもいいんじゃないでしょうか。ローラーの出し入れをしないような設定もできるのですが、その場合は手動でのカーテンの開けし目ができなくなります。別に全部アプリで開け閉めすればいいしなぁ…と思ってローラーを上げっぱなしの設定にしたのですが、そしたら今度は静かすぎて起きられなくなりました…。

欠点も結構ある

自動で開閉してくれるのは便利で、機能は問題ないのですが、やはり欠点はあります。

価格が高い

mornin’ plusは1個7,500円程度です。ですが1個だとカーテンを片方向にしか開け閉めできません。なので両開きのカーテンの場合は、全部開けたければ2個必要になります。そうすると15,000円程度になり、けっこう高くついてしまいます。私は寝室で使ってるだけなので、片方だけの動作で十分だと思ってます。

やっぱりうるさい

私としてはその音で目が覚めるのでいいのですが、やっぱりうるさいです。そもそもカーテンを自動で開けて陽の光で起きたいのに実際は音で起きるなんて本末転倒というかなんというか…。

Google HomeやAlexa非対応

欠点というよりも要望ですが、現時点ではmornin’ plusはGoogle HomeやAlexaには対応していません。自動での開け閉めのほかに声での開閉も対応してくれると嬉しいんですけどね。(一応それを実現するアプリもないことはないのですが。)

朝の目覚めは快適になりました

私は自営業で、通勤もないですし寝坊しても誰にも怒られません。なので寝ていようと思えばいつまでも寝ていられます。そういう状態なので朝起きられませんでした。

でもこのmornin’ plusを使ってからは、ちゃんと(基本的には)朝のうちに(だいたいは)起きられるように(たぶん)なりましたし、スッキリと良い目覚めになった気がします。夕方も自動で閉まってくれるので、寝室のカーテンはもう手を触れることがなくなりました。

はっきり言って、買ってよかったと思います。朝起きられない、目覚めがいつも良くない、カーテン閉めきったら部屋は昼でも真っ暗だ、というような人にはぜひ試してみてほしいアイテムです。まぁ、試すにはちょっと高いかなぁ…とも思いますけど…。

Random Posts

LINEモバイル、ウェブから音声通話SIM契約限定でLINEポイント5000ptがもらえるキャンペーン
Anker公式ストア登録者にAmazon Music Unlimitedが1ヶ月間無料で使えるクーポン配布!新規でもOK
AndroidのOSバージョンシェア 2020年5月 : リリースから8ヶ月ほど経ったAndroid 10はわずか8.2%
Teclast F7 Plus:薄型でスタイリッシュな14インチノートPCがGeekbuyingにて339.99ドル
DMMモバイル、新規契約手数料0円+1,100円×3ヶ月割引きキャンペーンを開始!
KLWP/KWGTがv3.43にアップデート!ダークモード対応や接続済みオーディオデバイスの名称表示など
UMIDIGI X レビュー:有機ELに画面内指紋センサー、過度な期待をしなければ悪くない2万円のサブ向けスマホ
Unihertz Atom LがAmazonにて販売開始!4インチ小型タフネススマートフォン
ワイモバイル、MNPでSIMのみ契約で最大6千円相当のPayPayボーナス!春のオンラインストア大感謝セール
Anker、初のファンイベント「Anker Gadget Night」を11月20日に渋谷で開催!
【あなたのホーム画面見せてください 2018】応募全31作品のまとめ
Xiaomi、ついに日本参入へ!12月9日に東京で発表会か
りそなを目指したホーム 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
LG style3をドコモオンラインショップで購入するとAmazonギフト券3,000円分もらえる!
Simple Stats Widget:メモリ使用量やストレージの残容量を表示するウィジェット