調査・データ

「違約金1000円」の認知度は75.4%、そうなった場合の乗り換え検討者は20.2%

総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」において、2年契約などを途中解約した場合に必要な違約金を9,500円から1,000円に値下げするという案が出され、話題になりました。これを受けて、MMD研究所はスマートフォンを所有する18歳~69歳の男女642人を対象に「携帯電話の違約金に関する調査」を実施しました。期間は2019年6月20日~21日です。

「携帯電話の違約金1,000円」の認知度は75.4%

2年契約の途中で解約する際の違約金を現在の9,500円から1,000円以下にするという案について認知状況を聞いたところ、「聞いたことがあり、内容を知っている」が41.0%、「聞いたことはあるが内容は知らない」が34.4%と合わせて認知度は75.4%でした。ニュースで多く取り上げられたとは言え、これはなかなか高い数字ではないでしょうか。

では、実際に違約金が1,000円になったとしたら、携帯電話の通信会社を乗り換え検討するか?という質問では、具体的に乗り換えたい通信会社がある」が5.6%、「具体的に乗り換えたい通信会社はないが検討する」が14.6%と合わせて20.2%が乗り換え意向を示しました。1,000円になったからと言って、そうそう乗り換えたいわけではないですよね。

続いて、乗り換え意向を示した人を対象に、通信会社を乗り換えるならどの会社にするか聞いたところ、「楽天モバイル」が43.1%と最も多く、次いで「Y!mobile」が26.9%、「au」が23.1%でした。

楽天モバイル、確かに格安SIMの中でシェアも高いですけど、そこまで人気なんですね。

現在の契約年数平均は3年6ヶ月

今回の回答者に、現在契約している通信会社の契約年数を聞いたところ、最も多かった回答は「5年以上」で50.6%、次いで「1年以上、2年未満」「2年以上、3年未満」が9.8%となり、契約年数の平均は3年6ヶ月でした。半数以上の人が5年以上変えてないんですね。

現在利用している通信会社を2年以上変更していない人に、今まで変更しなかった理由(複数回答可)を聞いたところ、「現在の契約プランに不満がないから」が33.2%と最も多く、次いで「家族とのシェア割引や通信量の共有をしているから」が29.1%、「乗り換える通信会社やその契約プランを調べることが面倒だから」が25.6%でした。

このサイトでは格安SIMを多く紹介しているので、これらの回答は格安SIMを紹介するときのヒントになりそうですね。

参考情報

Random Posts

Xperia 10 IIを購入するならgoo SimsellerのOCN モバイル ONEセットがお得
クリエイター向け特別仕様のスマートフォン「Xperia 1 Professional Edition」、ソニーストア等で10月25日発売
KLWP/KWGTがv3.43にアップデート!ダークモード対応や接続済みオーディオデバイスの名称表示など
Unihertz Titanを使いやすくするために最初に設定した内容とインストールしたアプリ
Oculus Questを買って3ヶ月と少し、すっかりハマったので買ってよかった
クレカサイズでPD3.0&QC4+対応のモバイルバッテリー「SMARTCOBY」が一般販売開始!クーポンあります
mineoの紹介キャンペーン、これまでの紹介人数により最大3000円分に増額
UnihertzがAmazonでのセールを予告!11月2日にTitan、11月4日にJelly Proのセールキャンペーン開催
Amazon「タイムセール祭り」にてAnkerの30製品以上が最大50%引き!
Tribit FlyBuds 1:臨場感あふれるワイヤレスイヤホン
Anker、Amazon「タイムセール祭り」にて最大43%オフのセール!35製品以上が対象
Anker、USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」を回収へ
ファーウェイ、お手頃価格のスマートバンド「HUAWEI Band 4」を11/22より発売
ZenFone 7の価格比較:やっぱりgoo Simsellerは安い!家電量販店ならビックカメラか…と思ったのだけれども
かわいい天気予報2:かわいいイラストで表示する天気予報アプリ