MVNO/SIM

ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業者として4/1よりau回線を提供開始

ソニーネットワークコミュニケーションズは、2019年4月1日よりau回線の提供を開始すると発表しました。KDDI株式会社のネットワークとの間でレイヤー2接続が完了し、これをもって国内の既存主要携帯キャリア全てと接続できるようになりました。

これにより、ソニーネットワークコミュニケーションズがMVNE事業者として提供するMVNO事業者向けのプラットフォームにおいて、従来のNTTドコモ、ソフトバンク回線に加えて、au回線の音声・SMS機能付きデータ通信SIM、SMS機能付きデータ通信専用SIM、データ通信専用SIMの利用が可能となります。

3キャリアの回線を提供可能

ソニーネットワークコミュニケーションズは、2013年よりMVNE事業者として、NTTドコモの回線を利用したデータ通信サービスを提供、2017年にはソフトバンク回線を追加し、そして2019年にau回線の提供を開始します。

同社と連携して通信サービスを提供するMVNO事業者は、3キャリアの回線をエンドユーザーへ提供することが可能になります。

特にまだ発表はされていませんが、おそらくnuroモバイルでもau回線のサービスが始まるのではないでしょうか。ソニーネットワークコミュニケーションズをMVNEとしている格安SIMではロケットモバイルもそうなので、こちらもau回線開始の可能性はありますね。

参考情報

Random Posts

ModernUIっぽいホーム画面【あなたのホーム画面見せてください 2019】
AUKEY EP-T16S レビュー:ケースまで小さい、IPX5防水の完全ワイヤレスイヤホン
Echo Show 5、2台まとめ買いで半額!Echoシリーズとセットでスマートホーム製品20%引きも!
ASUSがZenFone 7らしき新製品発表会を10月21日14時より開催!ティザーページが登場
BCNランキング SIMフリースマホ実売台数TOP10 (9/9~9/15) AQUOS sense2とP30 liteが変わらず強い
144Hz駆動のハイスペックゲーミングスマホ RedMagic 5G がグローバル発売!スペックや特徴をチェック【PR】
格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年1月 その1 やっぱりワイモバイルが安定した速さでGood
ドコモ、スマホおかえしプログラムを6月より開始!スマホを返すと最大12回分の分割支払金が不要に
Transparent Widget:透明なアプリ起動ボタンをホーム画面に置くウィジェット
UQ mobileとWiMAX 2+のセット契約で毎月300円引きになる「ギガMAX月割」登場!
リアルタイムのフィルターやエフェクトがえぐい!Adobe Photoshop Camera配信開始
楽天モバイル、製品購入でポイント還元にRakuten Miniが追加!15,700ポイント還元
ドコモショップで Xperia 1 を回線契約なしで購入! スマホ単体で購入可能は本当だった
ファーウェイ、HUAWEI nova lite 3にau VoLTE機能追加のソフトウェアアップデートを配信
中国の電話番号でSMSを受け取ってHey+の黑加アプリを使えるようにする方法