ファーウェイ、GPSと心拍計オンで2週間持続するHUAWEI WATCH GT発表!12/7以降発売、24880円から

ファーウェイ・ジャパンは、スマートウォッチの最新モデル「HUAWEI WATCH GT」を発表しました。デュアルエンジン低消費電力システムによりGPS測位と心拍センサーを起動していても2週間持続するバッテリーシステムを搭載し、睡眠トラッキング機能も搭載。日常生活のサポートから様々なスポーツまで対応するスマートウォッチです。

HUAWEI WATCH GTは2つのモデルがあり、スポーツモデル(ブラック)が12月7日発売で24,880円(税抜)、クラシックモデル(シルバー)が12月19日発売で25,880円(税抜)となります。

HUAWEI WATCH GT

HUAWEI WATCH GTは、1.39インチのAMOLEDを採用し、厚さ約10.6mm、重さが約46g(ベルトなし本体のみ)と薄型軽量設計。Wear OSではなく独自OSとなりますが、スマートフォンとBluetooth接続してメールの受信を通知したり、3種類の衛星測位システムによる位置計測、TruSeen 3.0による心拍数測定、TruSleep 2.0による睡眠深度や睡眠時間の計測といった機能でマルチに活躍できます。

通常使用で30日間、ヘビーユースで2週間持続する長時間バッテリー

HUAWEI WATCH GTはデュアルエンジン低消費電力システムを搭載しています。これは使用シーンを自動で識別し、低消費電力エンジンとハイパフォーマンスエンジンを自動的に切り替えることで省電力を実現するというシステムです。

実際にどれくらいバッテリーがもつのかは利用環境により異なりますが、GPS測位や心拍モニター機能をONにしたままでも2週間持続して使えるといいます。

シーン別駆動時間例

駆動時間:22時間
使用シーン:マラソン
心拍モニターON/GPS測位ON

駆動時間:2週間
使用シーン:ヘビーユース
24時間着用/心拍モニターとHUAWEI TruSleep がON/90分のトレーニング(GPS測位ON)/スマート通知 ON(50回メッセージ受信・6回着信・3回アラーム/日)/画面点灯1日200回

駆動時間:30日間
使用シーン:通常使用
24時間着用/心拍モニターとHUAWEI TrueSleep OFF/GPS 測位 OFFスマート通知 ON(50回メッセージ受信・6回着信・3回アラーム/日)/画面点灯1日200回

スペック

※1:レザー(内側)シリコンは本革仕様のため、水泳などでの使用は推奨していません。
※2:5ATMとは5気圧防水を意味します。水深50m地点での使用を保証するものではありません。温水での使用は推奨していません。

販売

HUAWEI WATCH GTはファーウェイ・オンラインストアほか、下記の家電量販店、ECサイトなどで販売します。

家電量販店:
■エディオン (WEBのみ) 
■ジョーシン (WEBのみ)
■ノジマ (WEBのみ)
■ビックカメラ
■ヤマダ電機 (WEBのみ)
■ヨドバシカメラ
ECサイト:
■Amazon.co.jp
■NTT-X Store
■ひかりTVショッピング
■Caravan Yu
■E-TREND
■ムラウチドットコム
■楽天ブックス
■マイナビストア

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧