アプリ

似てるけど違う!GoogleアプリとChromeの検索ウィジェットの違い

Androidスマホのデフォルトのホーム画面によくある検索ウィジェット、使ってますか?これはGoogleアプリのウィジェットですが、同じGoogleのChromeブラウザアプリも同じような検索ウィジェットを持っています。どちらもGoogle検索となるのですが、微妙な違いがあります。

見た目の差

見た目の差はあるにはありますが、それほど大きくはありません。左の画像は上から『Nova Launcher』『Google』『Chrome』『Firefox』の検索アプリです。上の3つはどれで検索しても基本的にはChromeでGoogle検索されます。

Googleアプリで検索

Googleアプリの検索ウィジェットをタップすると、Googleアプリの起動画面と同じになり、そこで検索することになります。テキストエリアをタップした状態になっているのでそのまま入力することができますが、基本的にはGoogleアプリを起動したと思えばOKです。

ここで検索を実行してそれぞれのウェブページへ行くと、通常のChromeとはヘッダーなどが異なっています。基本的にはChromeで描画されていますが、アプリ自体はあくまでGoogleアプリであり、Twitterの内部ブラウザと似たようなものです。

この画面ではブックマークなど使えません。なのであくまで検索してその結果(と得られるページ)を閲覧するだけになります。

Chromeアプリでの検索

一方、Chromeの検索ウィジェットを使うと、タップで検索画面になるのは変わりませんが、こちらは検索だけです。

検索結果からあとは通常のChromeで閲覧しているのと変わりません。ブックマークも普通に使えます。Chromeを直接開いているのだから当然ですね。

まとめ

検索結果が変わってくるわけではないので違いは本当に些細なものです。ですがChromeでの検索のほうが、検索した後に全く別のサイトに飛ぶこともできるので、単純な答えではなくいろいろ回りたい場合にはこちらのほうが便利です。

通常はGoogleアプリの検索ウィジェットがホーム画面にあると思いますが、一度Chromeアプリの検索ウィジェットに差し替えて様子見してみるのもいいと思います。

Random Posts

アイコンホームと蛇足ページ【ホーム画面コンテスト2020】
Echo Flexが2台まとめ買いで50%オフ!2台で2980円のセール中!
アプリセール情報:使いやすく人気のギャラリーアプリ『F-Stopギャラリー』のアンロックキーが半額
Xiaomiのロボット掃除機はいかが?GeekbuyingのBlack Friday Home Gearセール
楽天モバイル(eSIM)がようやく開通!eSIMの設定は思った以上に簡単だった
UQ mobile、秋冬ラインアップとして「AQUOS sense2」とディスプレイ指紋認証搭載「R17 Neo」を発表
シャープ、AQUOS R2 compact SH-M09を2/21より発売!上下にノッチがあるSIMフリー端末
メイン利用している格安SIM、上位は変わらず1位 楽天モバイル、2位 mineo、3位 UQ mobile
Unihertz Titanを使いやすくするために最初に設定した内容とインストールしたアプリ
【今日のホーム画面】テキストの表示に細かいこだわりを入れてみた
HUAWEI P40 lite 5G:ミドルレンジとは思えないスペックはすごいが、自分には合わなかった
「きのこの山派 VS たけのこの里派」の調査結果をAIおしゃべりアプリ『SELF』が発表
AukeyのUSB PD3.0対応 急速充電器PA-D2が40%オフ!USB-C×2で最大36W出力
楽天モバイル、渋谷と池袋の中心地に過去最大規模となる大型店を出店
ドコモ、AQUOS R2 SH-03KとAQUOS R3 SH-04LにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始