イベント

モジュールを交換して機能を拡張できるスマートフォン「LG G5」を触ってきました

20160416-lgg5-01

二子玉川ライズ内にある蔦屋家電にて、LGの体験フェアが4月17日まで開催されています。

20160416-lgg5-02

次世代有機ELテレビなどの最新家電を展示しているこの体験フェアで、日本では発売されていないAndroidスマートフォン「LG G5」の実機も展示されていました。

LGのフラッグシップモデル「LG G5」

20160416-lgg5-05

「LG G5」は今年2月に発表されたLGのフラッグシップモデルで、モジュールを交換することで機能を拡張できるのが大きな特徴です。

20160416-lgg5-03

見た目は一般的なスマートフォンですが、本体下部にあるボタンを押すと、このようにモジュール(「LG Friends」と呼ぶそうです)を取り外すことができます。軽く押して取り外せるものではないので、カバンやポケットでいつの間にか外れてた、なんてことはなさそうです。

カメラ機能を拡張する「LG CAM PLUS」

20160416-lgg5-14

用意されていたのは、カメラ機能を拡張する「LG CAM PLUS」とオーディオ機能を拡張する「LG Hi-Fi Plus with B&O PLAY」の2つです。「LG CAM PLUS」については撮影し忘れてしまったので、公式サイトの画像です。下半分の分厚くなっている部分が「LG CAM PLUS」を取り付けた状態です。

20160416-lgg5-07

カメラそのものは本体のものを利用しますが、フォーカス調整ダイヤルやシャッターボタン、カメラ起動ボタンがついています。本体が分厚くなるぶん、撮影時のグリップ性も向上します。

ハイレゾ再生ができる「LG Hi-Fi Plus with B&O PLAY」

20160416-lgg5-08

こちらは「LG Hi-Fi Plus with B&O PLAY」。DACアンプを内蔵し、32bitのハイレゾ音源の再生をサポートしています。

20160416-lgg5-09

会場にはヘッドフォンが用意されているので、通常の音質との聞き比べもできます。実際に聴き比べてみると、当然といえば当然かもしれないのですが、ハイレゾ再生のほうが音の「深み」というか「奥行き」がありました(文字での表現は難しいですね…)。

広角撮影なデュアルレンズカメラ&日時は常時表示

20160416-lgg5-15

メインカメラはデュアルレンズで、135度の広角撮影も可能です。ちなみにカメラの下にあるのは、電源ボタン兼指紋センサー。音量ボタンはこれまでのGシリーズとは異なり、側面に移動しました。

20160416-lgg5-12

通常撮影と広角撮影を撮り比べてみました。こちらは通常撮影。

20160416-lgg5-11

こちらは広角撮影。比べてみると、かなり広い範囲を撮影できていることが分かります。広角撮影と通常撮影は画面上でワンタッチで切り替えでき、「LG CAM PLUS」を装着している必要はありません。

20160416-lgg5-13

「Always-on Display」は、画面がOFFの状態でも日時などを常時表示できる機能です。ちょっと時間を確認したい場合でも、バッテリーの消費は最小限で済みます。この機能はサムスンのGalaxy S7/S7 edgeにも搭載されています。

このほか、「LG G5」に接続して楽しめる全天球カメラやVRゴーグルも体験することができました。VRゴーグルは118gと軽量で、追随性も十分でした。

日本での発売は?

20160416-lgg5-16

担当者に日本での発売予定を聞いてみたところ、「ぜひ発売したい」とのことでした。ただし、「SIMフリーとして発売するのはハードルは低いが、市場の売れ筋が2〜3万円の端末のなか、(LG G5の)7〜8万円の端末が売れるのか?となると、ちょっと厳しい。割引がある携帯キャリアさんはというと、腰が重い感じ」とのことでした。

たしかに8万円となると気軽に出せる金額ではありませんが、Googleにも自分の好きなパーツやモジュールを選べるスマートフォン「Project Ara」計画があるように、数年後には自分に必要な機能を選べることが当たり前になっているのかもしれませんね。サードパーティ製の「LG Friends」も出てきたりすると、さらに面白くなりそうです。そういった意味でも「LG G5」は非常に気になる端末です。

最後に「LG G5」の主なスペックです。

OS Android 6.0
CPU Snapdragon 820
RAM 4GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSD (最大2TBまで)
ディスプレイ 5.3インチ 2560×1440 (Quad HD)
カメラ 背面:1600万画素+800万画素 前面:800万画素
バッテリー 2800mAh
サイズ 約149.4 × 73.9 × 7.7〜8.6 mm
重量 約159g

この体験フェアは4月15日(金)から17日(日)までと期間は短く、残り1日となってしまいましたが、「LG G5」を体験できるまたとない機会ですので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

蔦屋家電は、東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅から徒歩3分です。

参考情報

Random Posts

UMIDIGI F2発表!48MPクアッドカメラ、パンチホールディスプレイ、Android 10、5150mAhバッテリー搭載
BCNランキング SIMフリースマホ実売台数TOP10 (9/23~9/29) トップ4機種は変わらず
INFOBAR型トロフィーが当たる! auブランド20周年記念「au検定2020」開始!
au、AQUOS sense2 SHV43にAndroid 9 PieへのOSアップデートを5月29日より配信開始
Anker、USB PD対応の小型軽量10000mAhモバイルバッテリーAnker PowerCore 10000 PDを発売
スリー・アールシステム、スマホの画面を3倍大きくする拡大鏡「スモリアフォン」を発売
Googleが新製品発表とみられるイベントを9月30日深夜に開催と予告!
Pixel 4a 画面保護フィルム PDA工房ペーパーライク レビュー:ざらざらな質感はいいがカラーノイズが目立つ
orefolder的に2018年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ
楽天モバイル(eSIM)がようやく開通!eSIMの設定は思った以上に簡単だった
Atom L レビュー:手にすっぽり収まるコンパクトなタフネス系スマホ!ただし厚さは普通のスマホの2倍
LINEモバイル、2月19日より新プランを開始!音声通話SIM 3GBで1,480円~
AUKEYのマグネット式車載スマホホルダー HD-C49 がクーポンで25%引き!
2020 spring【ホーム画面コンテスト2020】
Anker、最大100WでUSB-CポートとUSB-Aポートを2つずつ備えたAnker PowerPort Atom PD 4 発売!