その他

Brightness Level Disc

Brightness Level Discはホーム画面上で画面の明るさ調整をするちょっとカッコいい円盤状のウィジェットです。

ウィジェットの大きさは2×2と1×1の2種類です。画面の小さな端末で1×1サイズはちょっと操作しにくいかもしれませんね。なお、日本語マーケットでのアプリ名は「明るさのレベルのディスク」となっていますが、ちょっとその名前は…と思ったので英語名での紹介にさせてください。(他にもなんとも微妙な日本語名アプリってありますよね…。)

ウィジェットの外周の4つに別れた光っている部分をタップすると画面輝度が変更されます。右上から時計回りに100%、74%、49%、23%、0%と変化します。49%にしたい時は左下部分をタップすればその明るさになります。また、その状態(左上と左下だけが光っている状態)から左下をタップすると1段階下がって左下部分も消灯します。なので0%にするときは左上を2回タップする必要があります。


中央部分をタップするとアプリの画面へと遷移します。こちらではバーをスライドすることで輝度を変化させることができます。数字でパーセント表示してくれるのが嬉しいですね。その下にはAuto Brightness Modeという自動輝度調整のボタンがありますが、マーケットのコメントを見てもこれは機能していないようです。(端末によるのでしょうか?)

また、Sunny Day, Cloudy Day, Night, Interiorと4つのモードがあらかじめ用意されており、これをタップすることでも輝度が変化します。Sunny Dayは89%、Cloudy Dayは34%、Nightは5%、Interiorは50%になっています。

ちょっとサイバーな感じのホーム画面に似合うんじゃないでしょうか。

Random Posts

楽天モバイル、5Gサービスの開始を3ヶ月をめどに延期の見通し!楽天モバイルショップの全国営業は再開
コヴィア、8千種以上のリモコンがプリセットされたお手頃価格のスマートリモコンMagicDotを販売開始!
Google Play Points ポイント増量キャンペーン!9月24日まで100円使うごとに4ポイント
楽天モバイル、最大14,500ポイント還元「Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン」開始
KDDI、「INFOBAR xv ミニクッション」が当たるキャンペーンを開催
EKSA Air Joy Pro レビュー:赤黒のアクセントがカッコいい!3000円台で7.1ch対応のゲーミングヘッドセット
1万円以下で買える、動画を見るのにお勧めな中古タブレット
TaoTronics SoundLiberty 53(第3世代)レビュー:装着感の良さは変わらずMCSync採用で安定性も向上
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年12月 その1 OCN モバイル ONEの新コースが(今はまだ)速い!
GeekbuyingにてOnePlus 7 Proがプレオーダー開始!クーポンで699.99ドル~!
Xiaomi、ついに日本参入へ!12月9日に東京で発表会か
2018年にorefolder.netで最も読まれた記事トップ100
Stuff:シンプルで使いやすいデザインのToDoリストウィジェット
週間SIMフリースマホ実売TOP10【BCNランキング 4/13~4/19】相変わらずP30 liteが売れ続ける
イオンモバイル、3年間1GBのデータ増量となる「3年学割」を開始!学割スマホセットも