似てるけど違う!GoogleアプリとChromeの検索ウィジェットの違い

Androidスマホのデフォルトのホーム画面によくある検索ウィジェット、使ってますか?これはGoogleアプリのウィジェットですが、同じGoogleのChromeブラウザアプリも同じような検索ウィジェットを持っています。どちらもGoogle検索となるのですが、微妙な違いがあります。

見た目の差

見た目の差はあるにはありますが、それほど大きくはありません。左の画像は上から『Nova Launcher』『Google』『Chrome』『Firefox』の検索アプリです。上の3つはどれで検索しても基本的にはChromeでGoogle検索されます。

Googleアプリで検索

Googleアプリの検索ウィジェットをタップすると、Googleアプリの起動画面と同じになり、そこで検索することになります。テキストエリアをタップした状態になっているのでそのまま入力することができますが、基本的にはGoogleアプリを起動したと思えばOKです。

ここで検索を実行してそれぞれのウェブページへ行くと、通常のChromeとはヘッダーなどが異なっています。基本的にはChromeで描画されていますが、アプリ自体はあくまでGoogleアプリであり、Twitterの内部ブラウザと似たようなものです。

この画面ではブックマークなど使えません。なのであくまで検索してその結果(と得られるページ)を閲覧するだけになります。

Chromeアプリでの検索

一方、Chromeの検索ウィジェットを使うと、タップで検索画面になるのは変わりませんが、こちらは検索だけです。

検索結果からあとは通常のChromeで閲覧しているのと変わりません。ブックマークも普通に使えます。Chromeを直接開いているのだから当然ですね。

まとめ

検索結果が変わってくるわけではないので違いは本当に些細なものです。ですがChromeでの検索のほうが、検索した後に全く別のサイトに飛ぶこともできるので、単純な答えではなくいろいろ回りたい場合にはこちらのほうが便利です。

通常はGoogleアプリの検索ウィジェットがホーム画面にあると思いますが、一度Chromeアプリの検索ウィジェットに差し替えて様子見してみるのもいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE