HTC U11 ハンズオン:リキッドサーフェスの背面は美しくも悩ましい #HTCグローバルレポーター

HTCグローバルレポーター企画にて5月16日に台湾で行われたHTCの新製品発表会に参加してきました。その会場にて発表されたHTC U11をじっくりと触ることができたので、主に写真でお伝えします。

見る角度により変化するリキッドサーフェス

HTC U11の背面はリキッドサーフェスと呼ばれる、水を意識したガラスとなっています。かなりピカピカですが、たしかに言われてみるとこれまでのほかのピカピカな端末に比べて液体っぽさ、水面のような印象があります。

カラーバリエーションもいくつかありますが、上の写真はアメイジングシルバーです。シルバーというよりも薄いブルーに見えまさうが、アメイジングシルバーです。

こちらはサファイアブルー。たしかにアメイジングシルバーよりも深い蒼になっています。

透明感と奥行きを感じる蒼ですね。

HTC U11とGalaxy S8

HTC U11とGalaxy S8を並べてみました。どちらも日本で夏モデルとして出そうな雰囲気ですので、そういう意味ではアリな比較でしょうか。

日本では出ない?ソーラーレッド

実はU11、発表会前日に背面だけ見せてもらっていたのですが、その中で個人的に気に入っていたのがこの「ソーラーレッド」でした。今までよくあった深い赤とは明らかに趣きが違いますが、確かに「太陽を感じる赤」です。(ちなみにこの色は日本での発売は未定)

ただこれ、角度をつけて見るとかなり違った色に見えます。赤というよりも金です。

側面はキラキラではないので、この色の違いがかなり激しいです。というかこの組み合わせがアイアンマンっぽいんですよね。

見る方向によっては、赤から金へのグラデーションが楽しめます。

最初はかなり好みと思っていたのですが、あまりにも金なのでちょっとこれは無いかなあ…という気持ちに。

ちなみに、どの色でもそうですが指紋は結構つきます。一応耐指紋コーティングのようなものはあるということですが、それでも気にならないというレベルには至っていません。気になる方はカバーを付けての運用になるでしょうね。

アイスホワイト

こちらはアイスホワイトです。これもただの白ではなく、薄く青が入ったような白です。

今回発表された中では一番指紋が目立たないですね。

色比べ

アメイジングシルバー以外の4色を並べてみました。

反射具合としては、やはりソーラーレッドが一番強いと思います。

上から見ると各色ともハッキリとした色で見えます。

側面はこんな感じ。

個人的にはアメイジングシルバーが一番好きですね。これが一番液体っぽさを出していると思います。

回る回る

クルクル回転していたので動画で撮ってみました。各色の角度による色の変化が分かると思います。

ソーラーレッドとブリリアントブラック

ブリリアントブラックとアメイジングシルバー

アイスホワイトとサファイアブルー

その他細部の写真

5.5インチ端末なんですけど、そこまで大きさというか持ちにくさは感じませんでした。

ホームボタンはタッチ式。左右には戻ると履歴キーがあります。設定で常時点灯にもできます。

下側面。なんかカードが入れられそうな穴ですが、スピーカーみたいですね。

カメラ部分は少し出ています。

今回の特徴でもあるSQUEEZE機能。ちゃんと設定で感度調整とテストができます。感圧センサーで認識しているとのことで、その範囲は右側面にある電源キーあたりより下という広い部分です。

箱や内容物

発表会翌日、HTC本社にてグローバル版の箱や内容物を見せてもらいました。

箱はカドがすべて丸くなっており、これは端末本体のデザインに合わせたのだとか。

開封ッ!

内容物色々。まぁグローバル版なので、日本で発売されるものとは若干異なります。

SIMピンがSIMの形をしていて可愛いですね。HTC 10とか、それ以前のHTC製品もこの形らしいです。

グローバル版なんですが、なぜか保証規定などに日本語表記もありました。日本でキャリアから発売する時はキャリアの説明書になるのでコレではないはずなのですが、なんで日本語表記があるんですかね?…もしかして…。

HTC本社から台湾の町並みを背景にU11を。

同梱のケースを装着してみました。

細かいドットが入っていて、なかなか印象が変わります。カメラ部分もうまく段差が気にならないようになりますね。

下から。

側面は開いているので、SQUEEZEに影響はありません。
まぁ、側面を覆うようなケースを付けても、大抵は大丈夫なようですけど。

まとめ

リキッドサーフェスの背面は写真だけではうまく掴めないかもしれません。日本でどのキャリアから出るだとか発売日だとかはまだ発表されていませんが(私も教えてもらってないです)発表後にホットモックを触れるようになると思います。ぜひ一度手に持ってみてほしいですね。

ソーラーレッドも、できれば見て欲しいところですが…どこかのMVNOから出ませんかね?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE