LINEモバイルの速度が早くも復活!? 再びダントツの爆走へ

前回の格安SIMの速度測定で速度低下が見られたLINEモバイルですが、ここ最近で回復してきたという話を聞きました。そこでさっそく平日の昼に速度測定を行ってみました。

結論から言えば、たしかに速度が戻っているようです。

K276997o

測定結果

今回の測定は2月22日水曜日のお昼、12時15分、16分、17分の3回行いました。結果は以下の通り。

時間 ダウンロード アップロード PING
12:15 12.73Mbps 0.23Mbps 59ms
12:16 6.94Mbps 2.99Mbps 74ms
12:17 11.84Mbps 2.84Mbps 47ms

また、同時間帯にBIC SIM(IIJmio)、FREETEL SIM、mineo(D)、UQ mobileでも測定を行ってみました。3回ずつ計測した平均での比較をご覧ください。

ダウンロード アップロード PING
LINEモバイル 10.54Mbps 2.02Mbps 60.0ms
IIJmio 0.84Mbps 2.63Mbps 93.0ms
FREETEL SIM 3.78Mbps 1.88Mbps 67.0ms
mineo(D) 0.69Mbps 1.81Mbps 93.7ms
UQ mobile 8.52Mbps 5.01Mbps 31.3ms

左からBIC SIM(IIJmio)、FREETEL SIM、mineo(D)、UQ mobile

4Gmarkでの結果

このほか、動画やウェブサイトの読み込みもテストに組み込み、より実質的な速度測定を行ってポイント化できるアプリ『4Gmark』を使っての測定も行いました。

左からLINEモバイル、BIC SIM(IIJmio)、FREETEL SIM、mineo(D)、UQ mobile

point PING ダウンロード アップロード YouTube Web
LINEモバイル 3567pt 55ms 7.7Mbps 0.3Mbps 6.07s 6.32s
IIJmio 402pt 96ms 0.6Mbps 3.3Mbps TO 6.54s
FREETEL SIM 0pt 122ms 0.3Mbps 1.9Mbps TO TO
mineo(D) 384pt 105ms 0.2Mbps 1.6Mbps 3.92s 8.4s
UQ mobile 4439pt 492ms 8.6Mbps 3.3Mbps 10.94s 6.93s

こちらでもしっかり結果が数字として出ていますね。auのサブブランド的MVNOであるUQ mobileとほぼ同等となっています。

ここまで速い復活は驚き

LINEモバイルにおいて、速度低下が目立ってきたと言われたのは2月に入ってからです。それから1ヶ月もかからないで速度がここまで回復するとは驚きです。たしかに今回の原因は(おそらく)広告やアフィリエイト展開による利用者増という、LINEモバイル自体がコントロールできるものによるものなので予想もしやすかったのかもしれません。それでもやはりこのスピーディーさは驚くばかりです。

格安SIMはどんなに速いと言われていても、その評判で利用者が増えれば回線が混雑していきます。その状態になるのは仕方ないですが、そこから復活するかどうか、対処するかどうかという点で会社としての評価ができます。その点LINEモバイルは今回かなりすばやい復活を見せました。これはかんり評価できることだと思います。
(もしくは、2月時点での利用者が予想以上だったので遅くなっただけで、本当は1回も遅くなるところを見せないようにしていたのかもしれませんが…。)

この速度が今後も落ちないという保証はありませんが、落ちても素早い対応を見せてくれる、ちゃんと速い速度に戻してくれる姿勢がある、ということを示してくれました。そういう意味でも、LINEモバイルはおすすめできますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE