10,000mAhの大容量で軽量なモバイルバッテリー EasyAcc PB10000CS

EasyAccさまからモバイルバッテリーPB10000CSをレビュー用に提供していただきました。
少し前にもPB10000CFというモバイルバッテリーを提供していただきました。末尾がFからSに変わっているだけで、バッテリー容量も同じ10,000mAhです。さてさて。

外箱

20151003-easyacc-1

前回と同じく、地味めな外箱です。
必要十分です。

内容物

20151003-easyacc-2

本体のほか、簡単なマニュアルとUSBケーブルが1つ。ケーブルは短く、20cmないくらいです。

外観

20151003-easyacc-3

白くて、写真で見ると一瞬石鹸のようにも見えますが、モバイルバッテリーです。
側面はグレーになっており、爽やか路線でしょうか。

20151003-easyacc-4

強い光が当たると見えなくなりますが、端にはEadyACCのロゴが刻まれています。さり気なさはいいですね。

20151003-easyacc-5

角付近に電源ボタン。
このデザインの電源ボタンはPCなどではよく見かけるのですが、モバイルバッテリーやスマホ関係ではあまり見ませんね。

ただ、本機はケーブルで繋ぐだけで自動的に充電が始まるので、このボタンは残容量を確認するのに使う(押すとランプが光る)くらいです。

20151003-easyacc-6

UABポートはoutが2つ、inが1つです。
接続されたデバイスを自動的に検知し、機器ごとに適した最大のスピード(最大2.4A)で急速充電を行うことができます。

20151003-easyacc-7

裏面はシンプル。

充電

20151003-easyacc-8

付属のケーブルは短く、端末と並べて置いたり重ねて持ち運ぶ用途が想定されます。
…もっと短くてもいい気がしますね。

充電が始まるとランプが付きます。白い本体に青白いランプなので、ちょっと見えにくいですが、目立ちすぎずいいんじゃないでしょうか。

大きさ比べ

20151003-easyacc-9
せっかくなので、前回レビューしたPB10000CFと比べてみました。厚さは今回のPB10000CSのほうが若干あるのですが、縦横の大きさはこちらのほうが小さいです。

20151003-easyacc-10

上に乗せると、輪郭のようにPB10000CFが見えます。重さもPB10000CFが226gに対してPB10000CSは194gで30gほど軽くなっています。ライト機能は付いていませんが、持ち運ぶなら今回のPB10000CSのほうが良いかな?と思います。
でも見た目のカッコよさはPB10000CFかなぁ。価格もPB10000CFが少しだけ安いです。

容量が同じモバイルバッテリーだと何を基準に選ぶか、悩みどころですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE