Xperia Z Ultra 専用マグネットチャージングドック DK33

Xperia Z Ultraのau版とWi-Fi版が発表されたと同時に、各種アクセサリーも発表されました。ついつい見てしまったら、その中にあったマグネットチャージングドックが欲しくなりました。この間もクレードル買ったほうがいいかな?とか書きましたしね。

すぐにポチって今日届きました。

au版には最初からドックが付いているようなので、これはWi-Fi版用ということでしょう。

到着!

140124-1
けっこう小さい箱でしたが、その中でも商品の箱は半分以下、そして中の商品自体はその更に半分の小ささです。
過剰包装とは思いませんが、なんだか「すげー小さくなってく!」という驚きがありました。

140124-2
うまく見えませんが、上面にはSONYロゴがあります。前面は何も無しです。

140124-3
裏面。

140124-4
アタッチメントは2種類。大きな方はカバーを付けたままでも装着できるように、です。これを期待しての購入だったのですが…。

装着!

140124-5
せっかくなのでお借りしている方のZ Ultraで。
マグネット部分は少し浮くようになっていて、端末をスライドさせていくとカチャッとハマります。なかなか気持ちいいです。

140124-6
裏面。後ろからMicroUSBケーブルを挿します。
ところでこれ、AC電源からしか給電してくれません。PCに繋いだUSBケーブルからでは給電できませんでした。電圧だか電流だかが足りないとかそういうことでしょうか。(あんまり試してません。)

そして箱入りへ

で、ですね。前に書いたように私、ケース付けての運用なんですよ。ケース付けたままでもいけるっぽかったので、アタッチメントを大きい方にして試してみました。
140124-7
ん、なんとか…入った。カチャって音もした。

…でも充電されません。
確かにハマってはいるけど、なんか角度おかしいですし。
ダメでした。

ソニーの公式ページを見てみます。

DK33には、保護カバー用の溝の広いアタッチメント(33B)と、カバー無し用の溝の狭いアタッチメント(33A)の2種類が同梱されています。「純正卓上ホルダ対応」マークの付いたカバーケースなら、付属のアタッチメントを利用することで、カバーケースを装着していても卓上ホルダDK33を使用できます。
マグネットチャージングドック DK33 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

ん?

「純正卓上ホルダ対応」マークの付いたカバーケースなら

んん??

「純正卓上ホルダ対応」マークの付いた

あー…

「純正卓上ホルダ対応」マーク

なるほど。

了解です。そのマークの付いた国内のを買えってことですね。
でもね、私このカバーに惚れて、このカバーだから買ったんですよ。このカバーがあったからカバー運用しようと思ったし、色も黒にしたんですよ。

あ、今見たら在庫切れになってる…。

ええ、裸運用だったら白にしましたよ。今回au版の白を借りて、やっぱり裸なら白だなって思いましたよ。でもこれ返さなきゃなんですよね…。

そっと、ドックを箱に戻しました。
さて、どうするか…。

これも読者プレゼントに回すか…?
(この間のアンバサダーミーティングでソニーのグッズとかいくつかもらったし、それも読者プレゼントにしてしまおうと思ってたので…。)
さて、どうするか…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE