WidgetsHome ベータテストに参加してます。

以前、6月でしたか、Widgetsというホームアプリについて少し書きました。
Widgetsという名のホームアプリ | orefolder.blog

これのβテストが始まったので、テスターとしてインストールしてみました。基本的にGoogle+をやっていれば誰でもテスト参加できるので、その方法から書いていきたいと思います。

ベータ版のインストール方法

131010-1

まずはGoogle+のWidgetsコミュニティに入ります。検索して見つけてください。

131010-2

ベータテスターのお誘い的な書き込みがあるので、そこからGooglePlayのリンクを踏みます。

131010-3

あとは普通のアプリのようにダウンロードします。

このように、Google+ではアプリのベータ版を一部のテスター向けに公開することができるようです。今ふつうにPlayストアでWidgetsHomeを検索しても、このベータ版アプリは出てこないと思います。

WidgetsHomeを試す

131010-4

アプリインストール直後は、このようにデフォルトの画面を4種類から選びます。
好きなレイアウトを選びましょう。

131010-5
3Gridタイプを選ぶとこうです。

3つのグリッドに、それぞれ時計やカレンダー、バッテリー情報が並んでいます。

131010-6 131010-7

左側からフリックすると、最近使ったアプリが並ぶランチャーが起動します。普通にドロワーもありますが、このサイドメニューだけで済んでしまうかもですね。
右側はスクリーンの追加や順番変更になります。

131010-8 131010-9

グリッドに分かれているのが特徴ですが、このグリッドを長押しすると編集モードになります。
左右にフリックすると、バッテリーなど同じ種類で違うデザインに変わり、上下にフリックすると別の種類のグリッドに変わります。
現在のところ、基本的に時計・カレンダー・設定・バッテリー・アプリ・その他普通のウィジェットの6項目あります。

131010-10

適当に切り替えるだけで、カラフルに見た目をチェンジできます。
その日の気分で機能はそのままにカラーチェンジ、といったところでしょうか。

131010-11

アプリのショートカットを置くグリッドや、普通のウィジェットを置くグリッドもあります。ウィジェットは自動的に大きさが最適化されて表示されますが、ウィジェット内でのスクロールがうまくいかないなど、まだまだベータ版っぽいところがあるようです。

まとめ

こうやって一部のテスター向けにベータ版を配布できるというのは面白いですね。
あくまでβテストなので、アプリ自体が完成されているわけではありません。インストールしてみて気になるところがあった場合は、どんどん報告しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE