KDDI、Xperia XZs SOV35を5/26より発売! メモリー積層型イメージセンサーを搭載

KDDI、沖縄セルラーはauの2017年夏モデル「Xperia XZs SOV35」を5月26日より全国一斉に発売すると発表しました。Xperia XZs SOV35は世界初となるメモリ積層型イメージセンサーを搭載し、フレームレート値960fpsのスーパースローモーション撮影が可能などカメラが更に強化されています。

世界初のメモリー積層型CMOSイメージセンサー搭載

Xperia XZs SOV35のメインカメラは世界初のメモリー積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobileと、従来モデルから刷新したGレンズ、さらに進化した画像処理エンジンBIONZ for mobileを搭載したMotion Eyeカメラシステムが組み込まれ、有効画素数約1,920万画素となっています。

スーパースローモーション映像

Xperia XZs SOV35では、通常のビデオ撮影中に専用アイコンをタップすることで、その瞬間をスーパースローモーション映像で記録することができます。通常スピード(30fps)の映像の中に、約6秒間のスーパースローモーション映像(最大960fps)のシーンを組み合わせることで、緩急ある印象的な映像が簡単に作成できます。

このほかにもYouTubeにはたくさんの使用例があるので、検索してみると面白いと思います。

Xperia XZs SOV35のスペック

OS Andorid 7.1
CPU MSM8996/2.2GHz×2コア+1.6GHz×2コア
RAM 4GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 5.2インチ 1080×1920 (フルHD)
カメラ 背面:1920万画素 前面:1320万画素
バッテリー 2900mAh
サイズ 約146 × 72 × 8.1mm(最厚部 約8.7mm)
重量 約161g

「Xperia (TM) XZs」は、2017年5月24日よりau SENDAI (宮城・仙台)、au SHINJUKU (東京・新宿)、au NAGOYA (名古屋・栄)、au OSAKA (大阪・梅田)、au FUKUOKA (福岡・天神) にて先行展示されます。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE