ZTE、デュアルカメラでリフォーカス可能なZTE BLADE V8を5/25発売!税抜34800円

ZTEジャパンは、デュアルカメラ搭載でリフォーカス機能により撮影後にボケ効果を調整可能なスマートフォン「ZTE BLADE V8」を5月25日(木)より発売開始すると発表しました。家電量販店やオンラインストアにて販売されます。希望小売価格は34,800円(税別)。

デュアルカメラ搭載でリフォーカス可能

ZTE BLADE V8の最大の特徴は、撮影後にボケ効果を調整できるリフォーカス機能です。
背面には1300万がそのメインカメラと、200万画素のサブカメラが搭載されており、このサブカメラが奥行きの情報を記録します。

これにより美しいボケ効果を実現するほか、撮影後にフォーカスエリアの調整が可能となっています。つまり、あとからピントの合った位置を変えることができるというわけですね。

このほか、オートHDR機能も搭載しているため、料理以外の風景や逆光状況下でのポートレイト、暗い場所での撮影などもより簡単に実現できます。

ZTE BLADE V8のスペック

OS Android 7.0. ヌガー
CPU クアルコム スナップドラゴン 435 オクタコアプロセッサ, WTR2965 ( (1.4GHz*4) + (1.1GHz*4) )
RAM 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで・nanoSIMと排他仕様)
ディスプレイ 5.2インチ 1080×1920 (フルHD)
カメラ 背面:1300万画素+200万画素(デュアル) 前面:1300万画素
バッテリー 2730mmAh
サイズ 約148.4 × 71.5 × 7.9 mm
重量 約141.6g
カラー シャンパンゴールド/ミッドナイトグレー
通信方式 LTE: B1、 B3、B8、 B19、 B26 (au VoLTEのみ)
UMTS: B1 、B6、 B8、 B19
GSM: 850/900/1800/1900
デュアル待受け機能 LTE, UMTS同時待受け可能

その他の特徴

  • 13Mの高性能フロントカメラが高品質セルフィーを実現
  • メタリックボディーとカーブドエッジスクリーンが醸し出す上品なデザイン
  • 薄さわずか7.9mmのスリムボディ
  • 高性能と省電力を両立させた「クアルコム スナップドラゴン 435」オクタコアプロセッサ搭載
  • デュアルSIMカード同時待ち受け(DSDS)
  • au VoLTE対応
  • 高性能かつ多機能な指紋センサー
  • 最新OS「アンドロイド 7.0 ヌガー」を採用

ZTE BLADE V8はコジマ・ソフマップ・ビックカメラの各家電量販店で販売されるほか、それぞれのオンラインショップ、MVNOではIIJmioが取り扱います。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE