Twitter、ツイートに添付する動画を最長30秒→140秒に拡大!Vineも一部ユーザーから140秒へ

20160622-twitter-0

Twitterは6月21日より、ツイートに添付する動画の長さを従来の30秒から140秒へ拡大するなど、動画に関するいくつかの変更を発表しました。

動画が140秒までに

今回の変更で一番大きなものは、ツイートに添付する動画が140秒まで拡大されたことでしょう。これまでは30秒でしたが、それが約3倍となる140秒になりました。
これはiOS、Android、Twitter.comにて利用可能で、Twitter for MacおよびTwitter for Windowsでは今後追って実装されます。

また、Vineについても、現在は6秒という短い時間の繰り返し動画でしたが、これが140秒まで拡大されます。ただし、これについては、まずは一部のクリエイターの方々が対象となり、一般の方は閲覧のみとなります。「まずは」ということなので、今後一般にも140秒が開放されると思われます。

Vineについては、私もサイト上で動きを説明したい場合などに使用していますが、たしかに6秒はツラいものがあります。ただ6秒だからこその面白さもあったと思うので、今後どうなるのかは注目です。

オススメ動画を表示

またこのほかにも、タイムラインに流れてきた動画またはVineが付いたツイートをタップして開くと、フルスクリーンで動画が表示されると同時に、おすすめする動画もその下に表示されるようになります。こちらの変更は近い将来にiOSとAndroidで提供されます。

最近のTwitterはいろいろと仕様変更が頻繁に行われています。今後どういったものになるのか、ユーザーに受け入れられるのか、要注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE