Twitterが今後の変更を予告 @ユーザー名や写真、投票は140文字に含まれないように

20160524-twitter-1

Twitterは5月24日、今後の予定として140文字の数え方に少し変更を加えると発表しました。この変更により、これから数ヶ月の間に返信ツイートの@ユーザー名や、写真や動画、GIFや投票などの添付物は140文字に含まれないようになります。

140文字でもっと伝わる

Twitterは変更点として以下の4つをあげています。

  1. 返信:誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。
  2. 添付:写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。
  3. 自分のツイートのリツイートや引用:自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。
  4. 「. @ユーザー名」ツイート:誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」を入れていらしたと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります。
b140_JAP_02

人によって違うユーザー名の長さが140文字にカウントされなくなるのはいいですね。写真などもカウントされなくなりますが、URLはここに含まれていないので、ツイートに埋め込んだ以外のURLで書き込んでいた画像はそのままカウントされることになりそうです。

最後の.@ユーザー名については、これは誰かのツイートに対する返信(in reply toが付いてる状態)には適用されず、手打ちで@ユーザー名で始まる場合のみのようです。自分と関係ない人との会話がすべてTLに入ってくるわけではないようですが…。


これらの変更はこれから数ヶ月間の間に順次行われます。Twitter APIを利用した開発者がこれらの変更に対応するために早めの案内となったようです。普通の利用者にとってはシンプルになったようにも見えますが、この変化がどういう影響をあたえるのか、今後が楽しみですね。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE