時計(デジタル)

World Clock Widget:チケットのような見た目がかわいい世界時計

|

World Clock Widgetはチケットのような見た目で世界中のタイムゾーンの違う場所の現在時刻を表示できるウィジェットです。

ウィジェットの大きさは2×1サイズのみです。現在地での時刻を表示できるのはもちろん、タイムゾーンの違う世界各国各都市の現在時刻を設定でき、さらにアプリ起動と電話発信を設定することもできます。

設定はシンプル

World Clock Widgetはホーム画面上に配置する時に設定を行います。また、設置後にタップしても設定画面に入ることができます。

項目自体は少なめで、基本的には背景となるチケットの色を選び、表示する地域(タイムゾーン)を選ぶだけです。12/24時間表示の切り替えも可能です。

このほか、アプリと電話発信のショートカットを設定することもできます。これを設定するとウィジェットの角にそれぞれアイコンが表示されるので、それをタップすると起動します。


チケット型の時計はかわいいので、複数のタイムゾーンの時計を並べてみても面白そうですね。

Random Posts

Android 9にしたらホーム画面の検索バーと日付が消えない!ならホームアプリを変えましょう
画面内指紋センサー搭載「UMIDIGI X」AliExpressにて179.99ドルで発売!9.9ドルのTWS「Upods」も同時発売
monochrome 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Suunto Movescount:ルートを3Dマップで再現できるSuuntoのトレーニング記録管理アプリ
New umbrella Terminal【ホーム画面定期コンテスト】
アクティブトラッカー、スマートバンドを選ぶときのポイント・気をつけたいこと
とあるスマホのホーム画面【ホーム画面コンテスト2017】
天動説【ホーム画面コンテスト2017】
Real Simple Image Widget:指定した画像をホーム画面に表示する、それだけのウィジェット
LINEモバイルからOCN モバイル ONEにMNPで乗り換えたのでその手順と記録
ZenFone Max (M2) レビュー:細かく気になる点はあるが全体的に見れば良くできた初心者向けスマホ
【アンケート】Androidスマホの日本語入力(キーボード)アプリなに使ってますか?
うっかり大量通信防止 (Wi-Fi確認通知):Wi-Fiオフでアプリを起動すると通知が出るアプリ
私の思い出のAndroid端末:当時ほとんどなかった防水、そしてカスタムROMや毎日XDAを眺めた思い出
気がついたらスマホのTwitterは公式アプリを一番使うようになってた件