ランチャー系

UltimateFavesPRO-Free

|

UltimateFavesPRO-Freeはウィジェットではないですが、くるくる回るカルーセル型のランチャーアプリです。

アプリを起動すると画面上に円形に配置された星が現れます。これを左右にフリックするとアイコンがくるくる回ります。

まずはメニューボタンからEdit Carouselsを選んで、Create New Carouselで配置するアプリなどを選びます。配置できるのはアプリの他、電話帳から連絡先を登録したりWi-Fiなどの設定を配置することもできます。

配置されたアプリアイコンなどを左右にフリックし、正面に来ると画面上部にそのアプリの名前が表示されます。そこでアイコンをタップすると選択されたアプリが起動します。

無料版ではカルーセルは2つ作ることができます。2つのカルーセルは上下フリックで切り替えることができます。1つのカルーセルには最大16個までのショートカットを置くことが出来ます。

ドロワーからアプリを起動するのではランチャーとしての意味が無いので、実際はホーム画面上にショートカットを置いて起動するのがいいでしょう。ショートカット用のアイコンは初期アイコンのほか、マーケットにある専用のアイコンパックをダウンロードして使用することも出来ます。また、ホームに置くのはあくまでショートカットなので、Desktop VisualizeRを使ってオリジナルの画像アイコンから起動することも出来ます。


アプリだけでなく、連絡先などを置くことも出来ます。連絡先のアイコンを長押しすることでメールを送ったり電話をかけたりといったメニューが表示されます。

有料版では設定できるウィジェットの数は無制限になり、1つのカルーセルに置けるショートカットの数は20個になります。また、Galaxy Tabのような大きな画面のタブレットにも対応するようになります。

初期設定やカルーセルの動きなどは以下の解説動画を見ると分かりやすいと思います。(音注意)

Random Posts

スマホでも利用可能なHDMIやSDカードなどに対応のUSB Type-Cハブ「AUKEY CB-C69」レビュー
simple & high-performance【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Galaxy S8で撮影した写真集-食事モードは美味しそうに撮れるが注意も必要かも
私の思い出のAndroid端末:写真を撮りまくり飯テロ大賞を受賞した HUAWEI honor 8
Galaxy S8:18.5:9の縦長ディスプレイはアプリごとに表示を変えられるので安心
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年5月その2 b-mobile S 開幕SIMが爆速すぎて困る件
Google Home Mini 開封の儀&ファーストインプレッション:音以外にも使い勝手に差が見える
Real Simple Image Widget:指定した画像をホーム画面に表示する、それだけのウィジェット
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年4月その1 b-mobile S 開幕SIMが新しい扉を開けそう
Digital Clock Simple:ちょっとレトロな感じもするシンプルな時計ウィジェット
小さいは正義!旅行の時に持ち出したいAUKEYの超小型2ポートUSB充電器 PA-U32
Wiko Tommy開封レビュー:独特なブリーンカラーとプラ筐体の良さがうまく噛み合った端末
魔法陣が光ってスマホを充電!厨ニ心をくすぐるQiワイヤレス充電器がGood!
Beyond Pixel! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Wiko View 開封の儀:Wikoの日本参入第二弾スマホは18:9の縦長画面に背面パネルの色が良い