ランチャー系

RingCommander Free

|

RingCommander Freeはリング状に展開するランチャーウィジェットです。

ウィジェットのサイズは1×1で、タップするとリング状にアプリアイコンが5つ表示され、それをタップすることで起動することができます。Launcher Dockと似た様なアプリですが、こちらは1つのウィジェットに複数ページを持たせることができます。

アプリの登録は、まずウィジェットを設置しRingCommander Freeを起動させます。すると銀色の球体が現れます。メニューボタン→設定で銀色の球体をタップすると、そこに設置するアプリを選ぶことができるようになります。

Free版では1画面に5つのショートカットを置くことができます。これが有料版のRingCommander Plusになると倍の10個まで置くことができます。また、1つのウィジェットでこの画面を4ページ(Plusでは8ページ)まで設定する事ができます。


設定画面でさらにメニューボタンを押すことでRingCommander自体の設定を行うことができます。ここではページ数やアイコンカラーの設定ができます。アイコンカラーはデフォルトの緑色のものと、カスタムを選ぶことができ、カスタムでは自由に色を変化させることができます。

ウィジェットは複数を同時に設定することができ、それぞれに別々のショートカットを設定できます。1つのウィジェットに数ページ置いてもいいですし複数のウィジェットに1ページずつ設置してもいいでしょう。

Random Posts

orefolder的に2018年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ
Decoka アクティブノイズキャンセリングイヤホン DK100 レビュー:この価格でしっかりノイキャン
AppWrap:端末にスクリーンショットのハメコミ画像を作成できるアプリ
常用より非常用、3000円で災害時に備えようLiberFlyerのモバイルバッテリー「Chargi-Q mini」レビュー
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年6月その1 良くも悪くもb-mobileがちょっと気になる
後悔する前にチェックしておきたい、格安SIMとバンド(周波数帯)の話
Jelly Proに続く超小型スマホ「Unihertz Atom」そのパワーアップぶりに期待しかない
スマホでも利用可能なHDMIやSDカードなどに対応のUSB Type-Cハブ「AUKEY CB-C69」レビュー
Semiro Smart Bracelet V10 レビュー:シンプルでバッテリーも十分なスマートブレスレット
UMIDIGI A3 Proレビュー:エントリークラスながら指紋センサーや19:9ディスプレイを持つスマホ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年7月その1 UQモバイルとワイモバイルの速度に陰りが…?
スマホ等の防水・防塵性能を示す「IP○○」の見かたと一覧
□【ホーム画面定期コンテスト】
約8時間の稼働時間で長時間使用OKが嬉しい! aptX対応 Bluetoothイヤホン dodocool DA109
夏アウトドアに最適なiFeccoの小型軽量Bluetoothスピーカーレビュー