時計(アナログ)時計(デジタル)

俺時計 (デジタル&アナログ時計ウィジェット)

|

俺時計 (デジタル&アナログ時計ウィジェット)はシステムの現在時刻設定に囚われずに俺設定の時刻で表示できる時計ウィジェットです。

ステータスバーに表示されている時刻(11:34)とウィジェットに表示されている時刻(12:34)が違うのがわかると思います。このように、ずらした時刻を表示できるのがこのアプリです。

ウィジェットのサイズは1×1、2×1、2×2、3×1、3×2、3×3、4×2、4×3、4×4の9種類です。使える範囲が違うだけで、どれもやることは同じです。

ドロワーから起動する設定画面は無く、ウィジェットごとに設置時に設定やカスタマイズを行います。設置したウィジェットをタップすれば設定画面に入れるので、とりあえずは何も考えずに設置しても大丈夫です。

com.yst_labo.myowncalendar-2
設定画面の「現在時刻(アプリ内)」という項目をタップすると、ウィジェットで表示する時刻を変更することができます。
時差のある場所に合わせるも良し、5分前行動のために5分ずらすも良し、です。
「日付設定」から、表示日付も変更することができます。

com.yst_labo.myowncalendar-3
「外観」から表示のカスタマイズができます。
各種カラーのほか、フォント変更も可能です。とはいっても現在は用意された9種類しかありません。これはもうちょっと増えて欲しいところです。
追記(2013/08/29)ベータ版機能ですがGoogle Web fontが使えるようになりました。

com.yst_labo.myowncalendar-4
「レイアウトエディタ(β)」では、ウィジェット内に表示される項目を自由にレイアウトし直すことができます。
すべて指で移動や拡大縮小、傾きなどを行うので、なかなか繊細さが要求されます。また、要素同士が重なっていると自分が思ったものをうまく選択できないこともあるので、ここも今後の改良が待たれます。(まぁまだβテスト中ですし。)

com.yst_labo.myowncalendar-5
レイアウトがかなり自由になる上、アナログ時計で表示することもできます。
単にカスタマイズできる時計ウィジェットとして見ると他の同類アプリからの優位性はあまりありませんが、表示時刻を好きにずらせる、というのは面白いですね。