端末情報

Cool Tool

|

Cool Toolはシステム情報をリアルタイムに監視し、数値やグラフをオーバーレイ表示するシステム監視ユーティリティアプリです。

このアプリはホーム画面上にオーバーレイ表示されるものなのでウィジェットというわけではありません。また、ウィジェット等の上のレイヤーに配置されるので、下にあるウィジェットやショートカットに干渉してしまい、タップがしにくくなることもあるので、それには注意が必要です。

システムの様々な情報を表示することができます。表示できる項目はCPU負荷・CPU周波数・RAM・時刻・トラフィック・Wi-Fi強度・バッテリー残量・バッテリー温度となっています。それぞれの項目ごとに文字色を変更できます。情報は文字で表示するだけでなく、左端にグラフで表示することも出来ます。

また、それぞれの項目のうち1つをチャート表示することができ、それはリアルタイムで(更新間隔は0.5秒から30秒まで設定可能)表示されます。これが刻々と変化していくのをみるのもまた面白いです。


アプリを起動して設定画面を表示させ、左下のShow Panelをタップすると起動します。(起動するとHide Panelになります。これをタップすると消えます。)

設定項目は英語ですが、1つ1つ設定するごとにすぐに反映されますので、それを見ながら試せばいろいろわかると思います。
以下、項目を簡単に説明します。

Main Settings

アプリの全体的な設定です。チャート表示するものを選んだり更新間隔を設定します。

Text Labels

それぞれの項目を表示するかどうかとフォントカラーを設定します。表示する項目は左の丸が青い丸になってチェックされていることが分かります。

Gauges

グラフ表示をするかどうかのチェックです。必要なものだけ表示させましょう。

Other

Drag’nDrop Window

ドラッグして自由な位置に動かせるようにします。位置を決めた後はこれのチェックを外して動かないようにしましょう。

Snap To Edges

画面の端にスナップされるようになります。

Auto Resize

Mainで決めた行数に収まるように自動的に調整されます。

Run On Startup

電源を入れたときに自動的に起動されるようにします。

The Sliders

パネルの幅、フォントサイズ、テキストの透過度、グラフの透過度、背景の透過度をそれぞれ設定します。

ドラッグして自由な位置に動かせることができるため、ステータスバー上に拘らず、画面最下に設定してもいいですし、ホーム画面に合わせて置くことができます。ただし、これはウィジェットではなくオーバーレイ表示なので、他のアプリ起動時にも表示されてしまいます。ギャラリーなどのフル画面表示されるアプリではステータスバーは消えてもこのグラフは残る…ということになります。

Random Posts

Xperia X Compact SO-02J 開封の儀 XZとはまったく違った方向の良さが溢れる
MSLバッテリーウィジェット:AIでバッテリーが指定数値まで減る時間を表示するウィジェット
ドコモショップでFOMA SIM(標準サイズ)をnano SIMにサイズ変更
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年1月その2 nuroモバイルとロケモバがまた気になる速度に
コンパクトながらも迫力のあるサウンドを出す「Fenda W30 Bluetoothスピーカー」レビュー
目指すはシンプル。【ホーム画面コンテスト2017】
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2017【結果発表 その2 「ここが気に入ってる」編】
KLWPで表示画像を切り替えて数コマアニメを作ってみる
ハングアウトの「SMSのサポートは終了しました」という通知が消えないときの対処法
AIMP:フラットUIがステキな音楽プレーヤー 指定時間に再生する目覚まし機能が使える
「Androidのホーム画面をカスタマイズする本7」PDF版および書店委託販売のご案内
コミックマーケットC91(Androidのホーム画面をカスタマイズする本7)用に作ったホーム画面
1画面で完結する落ち着いたホーム画面:かなりのレトロ【ホーム画面企画2016】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年3月その2 b-mobile Sは落ち、イオンモバイルタイプ2が浮上
ただの壁紙:和名洋名で選んで単色や6種類の模様付き壁紙を設定できるアプリ