5000円分のポイントが貰えるマイナポイントを予約・申し込みしてみた

|

7月になってからまた話題となっている「マイナポイント」。よくわかってなかったので無視していたのですが、ちょっと調べるとお得しかないようなものでした。なのでさっそく(というには遅いですが)予約から申込みまでやってみました。必要なものさえ揃っていれば、心配になるくらい簡単に終わりましたよ。

マイナポイントの概要

マイナポイント事業というのは、総務省のサイトによれば以下の通り。

マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。
事業概要 | マイナポイント事業

で、今話題となってるものを簡単にいうと「予約期間中にマイナンバーを使って決済サービスを1つ選択し、2020年9月から2021年3月末までにその決済サービスでチャージor買い物するとその決済額の25%(上限5,000円分)がポイント還元される」というものです。

簡単な申込みをしておくだけで、期間中に2万円チャージすると+5,000円で25,000円分になる、ということです。ちょっとした手続きだけで5,000円分のポイントがもらえるようなものです。しかも複数の決済サービスが対象なので、大抵の人が普段使ってるサービスもおそらく対象になっており、ポイントのために使わないサービスを始めるなんていうことも必要ありません。

私も軽く調べただけなので、なにか裏なり落とし穴があるんじゃないかと思う人は自分でしっかり調べてください。解説してるサイトもたくさんあります。

申し込みしてみた

マイナポイントの申込みに必要なものは以下の3点です。

  1. マイナンバーカード
  2. 数字4桁のパスワード(マイナンバーカードの申請時or受取時に自分で設定した暗証番号)
  3. 決済サービスID/セキュリティコード

特別定額給付金の申請時にも役立ったマイナンバーカード、ちゃんと取得しておいてよかったです。

アプリを使うのが楽

Google playマイナポイント
マイナポイント
制作: 総務省自治行政局地域情報政策室
価格: 無料

ダウンロード

対応したスマホがあれば、アプリを使ってマイナポイントの予約や申し込みができます。PCでもできるようですが、別途マイナンバーカードの読み取り機が必要だったり、それがうまく動いてくれなかったり、面倒そうです。なのでスマホアプリを使うのが楽です。

まずは予約

マイナポイントの受取までには「予約」「申込み」「決済サービスの利用」という手順が必要です。2020年7月現在では「予約」「申込み」までが可能です。

マイナポイントアプリを起動し、まずは一番下にある「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をタップして予約をしていきます。

さっそくマイナンバーカードの出番です。このときマイナンバーカードの数字4桁のパスワードも必要になります。覚えてますか?右の画面でパスワードを入力して次の画面になるまでマイナンバーカードはスマホの読み取り位置にセットしたままにしましょう。私はパスワード入力のときにカードを外してしまっていたので一度やり直しになってしまいました。

あとは画面の指示に従って「発行」ボタンをタップすれば「予約」は完了です。

マイナポイントは複数の決済サービスが対象となっており、それぞれ独自にプラスの特典があったりもします。なのでどの決済サービスで申し込むのかは重要です。この「予約」の段階では決済サービスは指定しないので、まずはここまでやって決済サービスの選択はあとで悩むというのも手です。

続いてマイナポイントの予約へと進みます。

マイナポイントの申込

決済サービスを選択します。選べる決済サービスはたくさんあるので名前や種別から検索できます。対象となるサービスは以下のページからも確認できます。

基本的には普段使ってる決済サービスがいいと思いますが、各事業者ごとにプラスで特典が付く場合もあるので、これを機にキャッシュレス決済を初めたり別の者に移るのもいいんじゃないでしょうか。どの事業者がどんな特典があるのかは、まとめてるサイトもあるので検索してみてください。

なお、一度決済サービスを選択し申し込むと後から変更できないので注意してください。

私は普段から使ってる楽天Edyで申し込みます。利用規約を確認して次へ。

次に申込情報を…と思ったら「おサイフケータイなどセキュリティコードがない場合は楽天Edyアプリ、セブン銀行ATM等からお申し込みください」の文字が。というわけでこの後は楽天Edyアプリへ移ります。

楽天Edyアプリはスクリーンショットが撮れないアプリなので画像はありません。
アプリのメニューの中に「マイナポイントメニュー」というものがあるので、そこから申し込みができます。

もう一度マイナンバーカードの読み取りがありましたが、基本的にアプリの案内に従っていけば問題ありません。これで申し込み完了です。

申し込みの確認

申し込み完了の画面がかなりあっさり出たので、ちょっと不安になるくらいでした。本当に申し込まれたのか?これであとは期間内にチャージすればいいの?本当に?と。

マイナポイントアプリの下の方に「利用者マイページへ」というボタンがあります。ここから申し込んだ内容を確認できます。(ここでもマイナンバーカードを使ってログインします。)ちゃんと申し込みできてました。

これであとは9月になったら2万円分をチャージすればプラス5,000円分がもらえることになります。

まとめ

やってみれば驚くほど簡単でした。ちゃんとマイナンバーカードや暗証番号が揃っていれば10分もかからずに終わります。まぁ一番時間がかかるのは「どの決済サービスで登録するか」でしょうね。

一番オトクなものを吟味するか、普段使ってるものをサッと選ぶか、それは自由です。ただし、このマイナポイントは先着4000万人までです。そんなに早く埋まるとも思えませんが、時間のあるうちに申し込んでおいたほうがいいでしょう。申し込むとあとから決済サービスを変更できないので慎重にもなりたいところですが、とりあえず予約までは早めにやっておきましょう。

参考情報

Random Posts

Androidスマホでも使えるペンタブ!Wacom Intuos Small ペンタブレットレビュー
AquaMozc for BlackBerry:BlackBerryの物理キーボードでPCライクな操作性を実現する日本語IMEアプリ
Xiaomi Mi Note 10 Lite レビュー:ハイエンドに近い使用感で所有欲を満たせるスマホ
ガルパンホームでスマホ道! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
BlackviewはMediaTek Dimensity 1000 5Gチップセットを搭載する世界初のタフネススマートフォンメーカーに
裏でアプリが動いてくれないので、自動調整バッテリーと電池の最適化をオフにしておく
Unihertz Titanを使いやすくするために最初に設定した内容とインストールしたアプリ
ARTIFITのQiワイヤレス充電器 レビュー:パッド型にもスタンド型にもなるのが便利!
UMIDIGI One Maxがプレセール開始!オフィシャルストア等で179.99ドルから
HUAWEI nova lite 3はどこで買う?通話SIMセットならgoo Simsellerと楽天モバイルが安い
【大募集】8周年感謝企画 あなたのホーム画面見せてください!2018
UMIDIGI F2はAndroid 10でホールパンチディスプレイに48MPクアッドカメラ搭載!
りんごろうさん風ホーム画面【あなたのホーム画面見せてください 2019】
Redmi Note 9Sの画面保護フィルムを実際の写真付きで紹介レビューしている記事
キッチン用タブレット【ホーム画面コンテスト2020】