Xiaomi QIN 2 Pro:画面縦横比22.5:9の超縦長スマホが来た!開封とファーストインプレッション!

|

Banggood様からレビュー用にXiaomi QIN 2 Proを提供していただきました。日本では発売されてない端末で、画面のアスペクト比が22.5:9というかなり縦長のスマートフォンです。

まだ届いたばかりですが、今回は開封の様子とファーストインプレッションをお届けします。なお、Banggoodではグローバル版のQIN 2 Proが取り扱われているのですが、今回はちょっとした手違いで中国大陸版が手元に来ています。なのでグローバル版と中身が一部異なっている部分があるのはご了承ください。

開封

外箱の中央に「2」と大きく書かれており、Xiaomi製品でよく見かける「Mi」ロゴは見当たりませんが、「QIN」ロゴか左上に書かれていて、下部に「Qin AI Life」と書かれています。

底面に大きく書かれてる「多亲AI助手」はQIN 2 Proの中国語名のようですが、そこにAIが含まれてるほどにAI(XiaoAI)が強調されています。

箱を開けると即QIN2 Proとご対面です。
Xiaomiスマホは蓋を開けたら「Designed by Xiaomi」と一番最初に出てくるパターンが多いのですが、このスマートフォンは即ご対面でした。

付属品は充電ケーブル、ケース、冊子類、SIMピンが付いてきました。

デザイン

Xiaomi QIN2 Proのデザインは小型で縦にかなり長いです。
最近のトレンドであるグラデーションを施した背面ではなく、マットで落ち着いたプラスチックを採用しています。

スクリーンのアスペクト比は驚きの22.5:9というXperiaを超える超縦長。そしてインカメラは未搭載です。

QIN2 Proにはホワイトとブラックのカラーバリエーションがありますが、手持ちの端末を全て白で統一したいため、今回はホワイトカラーを選びました。Proの付かない無印のQIN 2にはこれに加えてブルーとピンクがあるようです。

上下はとにかく普通です。
充電ポートにマイク、スピーカーといった基本的なものを備えています。また、コスト上の理由なのかは不明ですが、イヤホンジャックは搭載されていません。上面にある大きい方の黒い部分は赤外線ポートです。

左側面にはSIMスロットがあります。

右側面には音量上下ボタン、電源ボタン、AIボタンがあります。間違えがちですが、赤いところが電源ボタンです。

電源ボタンとAIボタンが隣接しているのはちょっとややこしいですね。

SIMトレイはnanoSIMが1枚のみのタイプです。

起動して少しいじってみる

電源をオンにして立ち上げてみようと思い、ボタンを押したのですが、起動せずに焦りました。
前述した通り、側面にはAIボタンと電源ボタンが隣接しているため、押し間違えてAIボタンの方を押していたようです。

こんどこそ起動。

起動すると「QIN」のロゴが。

初回セットアップ時には操作のチュートリアルが出現します。全部中国語、しかも難しい方なので書いてあることはさっぱりです。それにしても、やっぱりスクリーンショット画像を見ても超縦長ですね。

ホーム画面は独自のQIN Launcherで、リスト型にアプリなどが並びます。UIはかなり簡略的なものとなっており、必要最低限といった感じです。

また、中国国内向けモデルなので、Google PlayをはじめとするGoogle系サービスは搭載されていません。
中国版のストアアプリも入っていないため、アプリをダウンロードしたいのであれば、.apkファイルをダウンロードするしかないようです。

通常のグローバル版であればPlayストアがインストールされており、普通にアプリのインストールは可能ですし、ホーム画面もAOSPの見慣れたものに変更可能なようです。

設定から英語に変更することも可能です。日本語はありませんね。グローバル版ではもっと多くの言語が選択できますが、やはり日本語はないようです。

初期状態だとナビゲーションキーが表示されないジェスチャータイプの操作になっているので、ナビゲーションキー派の人は設定から変更する必要があります。

Twitterアプリの『Yukari』をインストールしてみました。
動作は軽快なのですが、現状は日本語入力ができないのが難点です。これも別途.apkファイルで日本語入力アプリをインストールするなどして対処したいと思います。

用途を定めれば活躍してくれそう

今回レビューしてる端末が中国版ということもあってGoogleサービス非対応、日本語非対応、そしてインカメラ非搭載ということもあり、かなり用途は限定されてしまいます。それでも小型で超縦長という特徴を活かし、適切な用途で運用すればしっかり活躍してくれそうです。

今のところはTwitter専用端末として運用する予定ですが、少しだけメインとしても運用してみたいですね。どれくらい常用できるのか気になります。もう少し使ってみて、また改めてレビューをお届けしたいと思います。