144Hz駆動のハイスペックゲーミングスマホ RedMagic 5G がグローバル発売!スペックや特徴をチェック【PR】

|

Nubiaのゲーミングスマホ「RedMagic」に5G対応の2020年モデル「RedMagic 5G」が4月21日よりグローバル市場で発売されました。

Snapdragon 865を搭載しRAMは8GBまたは12GBというハイスペックはもちろんのこと、144Hzのリフレッシュレートで動作する6.65インチのAMOLEDディスプレイも大きな特徴となるハイエンドゲーミングスマホです。今回はそのスペックや特徴を紹介していきます。

RedMagic 5G
RedMagic 5G

Nubia
Eclipse Black (8GB+128GB) : 579ドル
Pulse (12GB+256GB) : 649ドル

RedMagic 5G

RedMagic 5Gは昨年発売されたRed Magic 3Sの後継機となる端末で、その名の通り5Gに対応したハイスペックゲーミングスマートフォンです。5G対応だけでなく、SoCがSnapdragon 855+からSnapdragon 865になり、ディスプレイのリフレッシュレートが90Hzから144Hzになるなど全体的にパワーアップしています。

  • リフレッシュレート144Hzのスムーズディスプレイ
  • Snapdragon 865搭載
  • 液冷と空冷を組み合わせた冷却システム
  • 端末の側面にトリガーボタン
  • 64MPのソニートリプルカメラ
  • 最大55Wの急速充電可能なバッテリー
OS RedMagic OS 3.0 based on Android 10
CPU Snapdragon 865 5G
RAM 8/12GB
ストレージ 128/256GB UFS3.0
ディスプレイ 6.65インチ AMOLED 1080 x 2340 (FHD+), 387.5ppi
リフレッシュレート:最大144Hz
タッチサンプリングレート:最大240Hz
カメラ 背面:Sony IMX686 64MP+8MP+2MP
前面:8MP
バッテリー 4,500mAh
18W急速充電(最大55W充電)
サイズ 約168.56 × 78 × 9.75 mm
重量 約218g
ネットワーク SA+NSA: compatible with both standalone and non-standalone modes  
5G: NR n41/n78
2G+3G+4G:
GSM 2 / 3 / 5 / 8
WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 8 / 19
CDMA/EVDO BC0 / BC1
TD-LTE B34 / B38 / 39 / 40 / 41
FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B20 / B12 / B17 / B18 / B19 / B26

Snapdragon 865搭載のハイパフォーマンス

上のスペック表でも書いてありますが、RedMagic 5GはSoCに現在の最高峰であるSnapdragon 865を搭載しています。Snapdragon 865を搭載するスマホはAnTuTuベンチマークでは大体55万点前後をマークします。

当サイトでもベンチマーク結果はまとめていますが、昨年日本でも発売されたROG Phone IIが49万点くらいだったので、そこからだいぶ上がってます。

SoCだけでなく、RAMもハイエンド向けのLPDDR5の8GBまたは12GBを搭載、ストレージも高速なUFS3.0の128GBまたは256GBを搭載します。

5G対応

そして名前にもあるように5G対応です。まだまだ日本で5Gエリアは少なくスポットでしかありませんが、今後広がっていくのは間違いありません。そういった先々まで使えますし、5G時代になれば外でのゲーム体験もまた変わってくるでしょう。

ゲームのための強力な機能がたくさん

RedMagic 5Gにはゲームプレイを快適にするための様々な機能があります。

144Hz駆動のウルトラスムーズディスプレイ

RedMagic 5Gのディスプレイはリフレッシュレート144Hzです。これは簡単に言えば数値が大きいほどスムーズに見えるもので、RedMagic 3Sは90Hzでそれでも高リフレッシュレートと言われていましたが、それすらも大きく引き離します。

多くのスマートフォンはだいたい60Hzで、ゲーミングスマホやAQUOSのなめらかハイスピード表示などでは120Hzがありますが、数字上はそれを上回ります。

公式サイトに144Hzと90Hzの比較動画があるので、それを見るとわかりやすいでしょう。

さらに、タッチサンプリングレートは240Hzです。これも数字が大きいほどタップしたときの反応が正確というようなもので、シビアなタイミングを要求するゲームで役に立ちます。

更に進化した水冷+空冷システム

高負荷なゲームをプレイするときに気になるのは本体の熱です。RedMagic 3Sでも空冷+水冷のシステムがありましたが、RedMagic 5Gでは以前よりもCPUの温度を18℃も下げることに成功したそうです。この強力な冷却システムで、ゲーム中もプレイに集中できます。

端末側面にトリガーボタン搭載

端末側面の左右にはタッチ操作できるトリガーボタンが搭載されています。ゲーミングスマホではおなじみになった機能ですね。

Game Space 2.1でゲームをより快適に

これもゲーミングスマホでよくある機能ですが、パフォーマンスを最大化するために調整したり、プレイ動画を記録するといった機能がまとまってます。

特徴的なカラーの本体デザイン

ゲーミングスマホといえばそのデザインも魅力です。RedMagic 5Gには3つのカラーバリエーションがありますが、その中でも「Pulse」は溶岩のような赤と氷のような青を併せ持つ特徴的な姿をしています。過去にもグラデーションな端末はありましたが、赤と青というここまではっきりと分かれた色を使うのは驚きます。

あとの2色はEclipse BlackとHot Rod Redです。パターンは違いますがどちらも黒と赤を基調としておりかなりカッコいいです。

ベゼルは細く、フロントカメラはその中にあります。ゲーム用途でノッチやパンチホールは邪魔ですから、目立たないベゼルの中に収められてるのはGoodです。

カメラはトリプルカメラ

ゲーミングスマホと言ってもカメラに妥協はしません。背面カメラはSony IMX686センサーを搭載した64MPのメインカメラに広角カメラとマイクロカメラのトリプルカメラ構成です。ナイトモードなどの機能もあるので、普通に普段使いのスマートフォンとしても十分に活躍できます。

十分なバッテリーと急速充電でプレーを止めない

RedMagic 5Gのバッテリーは4,500mAhです。スタミナモデルのスマホほどではありませんが、普通のスマホよりも大きく十分以上のものです。大容量であればバッテリー残量を気にせずにプレイに集中できます。

また急速充電は付属の充電器で18Wに対応。別売りのアダプターを使えば最大55Wで素早く充電できます。

まとめ:5G時代のゲーミングスマホがやってきた

間違いなくトップクラスの高性能とそれをゲームで活かすための機能の数々。RedMagic 5Gは最高のゲーミングスマホの1つで間違いないでしょう。それほどゲームをするわけでもない私でも、この紹介記事を書いてるだけでワクワクしてきます。

RedMagic 5Gは4月21日より公式サイトでグローバルに販売されています。日本にも発送してくれますよ。価格は8GB+128GBのEclipse Blackが579ドル(約6万2千円)、12GB+256GBのPulseが649ドル(約7万円)です。(Hot Rod Redは8GB+128GB構成で後日発売。)スペックからすると安いですよね。ただし、海外端末なので技適については各自で注意してください。

このほかにアダプターやコントロールハンドルなどのオプションもあるので、詳しくは公式ストアをご覧ください。

RedMagic 5G
RedMagic 5G

Nubia
Eclipse Black (8GB+128GB) : 579ドル
Pulse (12GB+256GB) : 649ドル

Random Posts

Unihertz Titan、緊急地震速報は受信するものの画面が点灯し続けるので注意が必要(追記あり)
ZenFone 6の価格比較:ひかりTVショッピングがキャンペーン条件適用で実質約3.5万円~で強い!
1から生まれ変わった、長すぎ画面。【あなたのホーム画面見せてください 2019】
BlackBerry KEY2 レポート:物理キーボードと日本語入力の奮闘記その1
ソフトバンク回線を使った100GB超の大容量レンタルSIMサービスを軽く比較してみた
UMIDIGI F1 のスペックが一部判明:Helio P60、6.3″FHD+水滴型ノッチディスプレイ、5150mAhバッテリー
Fire TV Stick 4K 購入!YouTubeもdアニメストアもPrime Videoも!大画面で様々なコンテンツを堪能できる
私の思い出のAndroid端末:当時ほとんどなかった防水、そしてカスタムROMや毎日XDAを眺めた思い出
DeviceMemoryWidget:ストレージやRAM使用率を表示するシンプルでミニマムなウィジェット
HUAWEI nova3 をどこで買えばいいのか、MVNOやオンラインショップの価格をチェック
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本10」PDF版および書店委託販売のご案内
Unihertz Titan 開封の儀:300g超えのキーボード付きタフネススマホにあの巨大スマホを思い出す
Speedometer Battery:自動車のスピードメーターのようなバッテリー残量ウィジェット
いんすたなんとか【ホーム画面コンテスト2020】
UMIDIGI F1のレンダ画像と主要なスペックが判明