仕事場ではマナーモード、自宅では鳴らす、Pixelシリーズの「ルール」で自動化

|

先日のPixel端末の機能追加「feature drop」と一緒か少し前から、Pixel 3やPixel 3a、Pixel 4の設定に「ルール」というものが加わってます。(もっと前からあった人もいたようです。)

これは指定したWi-Fiネットワークや場所に入った時に、自動でマナーモードにしたり、逆に音を鳴らすように設定できる機能です。そういった事ができるアプリはこれまでもありましたが、端末の機能として組み込まれました。

ルールの設定

「ルール」は、設定のシステム詳細設定の中にあります。そんなに頻繁に見るところでもないので気づいてなかった人も多いでしょう。

「ルール」の設定にはいると、まずこの機能にバックグラウンドでの動作を許可するように求められます。実際、位置情報など使ってバックグラウンドで自動で設定変更する機能ですからね。画面の案内に従って許可しましょう。

いったん許可したものを取り消したい場合は設定アプリと通知からできます。

準備ができたので「ルールの追加」をタップして設定しましょう。

「ルール」でできるのは、「Wi-Fiか場所」を条件(トリガー)にしてスマーフォンのマナーモードや音の設定を変更するということです。

Wi-Fiの場合は、今まで接続したことがあるものなどが表示されます。今掴んでるWi-Fiだけじゃないので、家にいながら会社のWi-Fiを使って設定もできます。

場所の場合は住所で指定します。郵便番号でも大丈夫ですが、表示された地図を動かして細かく調整することはできません。なのでなるべく正確な住所のほうがいいです。その地点を中心に半径80mから738mで設定できます。

設定できるのは以下の4つのうち1つです。

  • マナーモードをONにする
  • スマートフォンをサイレントに設定
  • スマートフォンをバイブレーションに設定
  • スマートフォンを着信音に設定

場所を仕事場や最寄り駅に設定してマナーモードをONしたり、家のWi-Fiにつながったら着信音に設定(マナーモードの解除)するようにすれば、便利そうです。

「ルールが有効になったら通知を送信」にチェックを入れておくと、実際にマナーモードになったときなどに上の画像のような通知が届きます。

まとめ:今後に期待

正直、できることがマナーモード関係のみなので、今ひとつといったところです。便利なことは便利なんですがもう少しできることが増えてほしいです。

条件に関しても、設定した場所に入った時だけでなく、逆に範囲から出た時にというのもトリガーに出るともっと活用の幅が上がるのではないでしょうか。

とりあえず現在はPixel 3 / 3a / 4で利用できる機能です。もう少し機能が増えて、Android標準の機能として組み込まれると嬉しいですね。とはいえ今のままでも十分有用ですので、ぜひ活用してみてください。

Random Posts

【今日のホーム画面】爽やかな夏っぽく、そしてシンプルに
Colorful Home screen【あなたのホーム画面見せてください 2019】
OPPO Reno 10x Zoomをお試しレンタル!ポップアップ式インカメラはやっぱり面白い
Android版ATOKの顔文字辞書で変換できる顔文字の一覧
KLWPで今年の残り日数や残り時間を表示して時間の大切さをホーム画面に刻み込む
Notch Remover:ノッチの左右を黒く塗りつぶして目立たなくするアプリ
Jelly Proに続く超小型スマホ「Unihertz Atom」そのパワーアップぶりに期待しかない
CHUWI「UBook Pro」+「HiPen H5」で素晴らしい手書き体験を! 中国旅行が当たるキャンペーン開催
100GB超使えるChat WiFiがリニューアル!SIMのみ300GBプランがクーポンで永年月額3780円!
コンパクトながら61Wまで!GaN (窒化ガリウム) 採用充電器「RAVPower RP-PC112」レビュー!MacBook Proも充電可能
ダミー通知er:自分で設定した内容でフェイクの通知を生成できるアプリ
Heaven 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
メインのスマホを機種変更するときの設定移行の覚え書き
Xiaomi Mijia SJYT01FMレビュー:スマホでも手ブレの少ないヌルヌル映像が撮れる!
mineoが通信の最適化だけでなくhttps(SSL)では帯域制御もしているとのことなのでMVNO14社20枚のSIMで試してみた