KLWPでOverlay Skinみたいなコンポーネントを作成

|

もうかなり前のことですが、『Overlay Skin』というライブ壁紙がありました。なかなかかっこいいホーム画面の作れるライブ壁紙だったのですが、現在はPlayストアから削除されているようです。そのままというのも惜しいなと思ったので、KLWPで似たようなものを作ってコンポーネント化してみました。

Overlay Skin

Overlay Skinは2012年頃にあったライブ壁紙です。アプリ内で壁紙画像を指定して、画面の左右に1週間分のカレンダーと予定、逆側に秒表示もできる時計が表示されるものでした。

単純ではあるのですがこのレイアウトは簡単にカッコいいホーム画面が作れるので人気のあるアプリの1つでした。

ただ2012年を最後に更新されず、ナビゲーションバーやステータスバーの透過に対応できてなかったりしました。現在はPlayストアから削除されているようです。

コンポーネント

このOverlay Skinと同じようなものがKLWPやKWGTなら簡単に作れるのではないかと思って作ってみました。下記からダウンロードできます。画面左側の時計と右側のカレンダーで別々のコンポーネントになっています。KLWPで作成しましたがKWGTでも使えると思います。

Google playOS_Clock
制作: orefolder
価格: 無料

ダウンロード

Google playOS_Calender
制作: orefolder
価格: 無料

ダウンロード

フォントやテキストサイズ、色などはグローバル変数で変更できます。ナビゲーションバーや他のアイコン等との関係があるので適宜調整して使ってみてください。

使用例

なんというか、中央にメインの被写体がいたり、中央へ向かって収束していくような、そんな壁紙に似合う気がします。もちろんほかの壁紙とも組み合わせられます。

左の時計部分だけを縦型の時計として使ってもいいですし、いろいろ探ってみてください。

まとめ

昔人気あったウィジェットなど、わりとKLWPで再現できそうなものも多いです。更新されてないものも多いですし、コンポーネント化してつかえるようにしてみるのもいいかもしれません。こういったお手本があるものはKLWPやKWGTでの練習にちょうどいいですよ。


KLWPの使い方についてはこちらのページにてまとめています。使い方に困ったときなど、こちらのページも参考にしてください。