LINEモバイル、旧プランユーザーは新プランに変更すべきか否か

|

LINEモバイルが2月19日より新料金プランを開始すると発表しました。私もドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3回線を契約しているので、それらを新プランに変更したほうがいいのかどうか、料金表を見比べてみました。

全体的に見てみると、現在のプランによって変更すると損になる場合も得になる場合もあるようです。慌てて新プランに行く必要もないので、まずは情報をしっかり集めた方がいいですね。

旧プランと新プランの料金比較

新プランではデータフリー部分がオプション化して基本料金からは外されました。とりあえず、それらを適用して旧プランと同じようにした場合での料金を比べてみます。

LINEフリープラン

旧プラン 新プラン
データ データ
(SMS付)
音声通話 データ
(SMS付)
音声通話
500MB 600円 1,100円
1GB 500円 620円 1,200円
3GB 980円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円

LINEフリープラン(相当)はこれまでデータ容量が1GBだけでしたが、新プランでは500MB、3GB、6GB、12GBで選べます。大きい方へ変えたい場合はいいのですが、1GBで十分だった人が半分の500MBにしても、それで20円や100円安くなるだけです。500MB少なくなることの価値に見合うかどうか、よく考えたいですね。

これまでの最安プランだったデータSIM 500円はSMSなしが廃止されるので消滅します。このプランで契約してて特に問題なかった人はそのままがいいでしょう。

コミュニケーションフリープラン

旧プラン 新プラン
データ
(SMS付)
音声通話 データ
(SMS付)
音声通話
500MB 880円 1,380円
3GB 1,110円 1,690円 1,260円 1,760円
5GB 1,640円 2,220円
6GB 1,980円 2,480円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
12GB 2,980円 3,480円

コミュニケーションフリープラン(相当)では、3GBを見ると完全に値上げになります。ここで契約してた人は変更しないほうがいいですね。6GBと12GBは旧プランになかったところに入り込み、旧プランと比べてもちょうど間に入る価格になっています。

今まで7GBにしてた人はデータ容量に余裕があれば6GBにすることで320円もしくは400円安くなるので考えてもいいと思います。

ただ、新プランのSNSデータフリーでは旧プランのコミュニケーションフリーにあったInstagramがカウントフリーから外れているのでその点は注意です。

MUSIC+プラン

旧プラン 新プラン
データ
(SMS付)
音声通話 データ
(SMS付)
音声通話
500MB 1080円 1,580円
3GB 1,810円 2,390円 1,460円 1,960円
5GB 2,140円 2,720円
6GB 2,180円 2,680円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円
12GB 3,180円 3,680円

MUSIC+では、コミュニケーションフリーとは逆に3GBで完全に値下げになります。また新プランの6GBの値段も絶妙で、旧プランの5GBからは僅かにプラスするだけで1GB増え、7GBからは1GB減らすだけで500円近く値下がります。

10GBと12GBでも、十分検討してもいい価格差でしょう。

新プランに変更したほうがいい人、しないほうがいい人

なかなか悩ましい部分もあるのですが、完全に値上がりまたは値下がりになる部分もあります。簡単にまとめると新プランに変更したほうがいい人、しないほうがいい人は以下のようになります。

新プランに変更したほうがいい人

  • LINEフリープランでもっと大容量が欲しい人
  • MUSIC+プラン3GBの人
  • MUSIC+プラン7GBでいつも1GB以上余る人

旧プランのままがいい人

  • LINEフリープランでデータ容量に不満がない人
  • コニュニケーションフリープラン3GBの人

これ以外の人は、これまでの自分の使い方と予算を相談して悩みましょう。

ちなみに私は3回線ともLINEフリープランで毎回容量が余っていたのでこのまま旧プラン継続です。ただドコモ回線については新プランを契約し、しばらくしたら旧プランを解約する予定です。毎月2回実施してる速度測定についても、しばらくは(ドコモ回線のみ)新旧両方を測定し、しばらくしたら新プランのみにする予定です。