Google FiのSIMカードが米Amazonで購入(日本直送)できると聞いたので買ってみた

|

GoogleがMVNOとして提供している、世界中で使えるモバイル通信サービス「Google Fi」のSIMカードが、米Amazonにて日本への発送に対応したと聞いたので実際に購入してみました。

Google Fi

Google FiはGoogleがMVNOとして提供している通信サービスです。世界中で使え、日本だとドコモやソフトバンクの回線?で繋がるようです。

基本的な料金は月70ドルで使い放題(22GBで速度制限)と、月20ドル+10ドル/GB(最大80ドル・15GBで速度制限)の2つです。これで世界中SIMの入れ替えなしに使えるので、海外によく行く人(複数の違う国に行き来する人)にとっては便利なSIMです。

私は海外なんてほとんど行くことがない(最後に行ったのは2017年にHTCグローバルレポーターとして行った台湾)ので使うことはないのですが、なんとなく「GoogleのSIM」をコレクションとして持っておきたいな、という動機で購入しました。

米Amazonにて購入

Google Fi SIM Card Kit
Google Fi SIM Card Kit

Google
価格:$9.99 & 送料$5.07(2020/02/22時点)

Google FiのSIMカードキットはAmazon.com(米国のAmazon)にて購入できます。米国のAmazonは日本のAmazonとはアカウントが違いますが、普通にアカウント作れて購入も可能です。Google FiのSIMカードは以前は日本への配送に対応していなかったようですが、2020年2月くらいから対応し始めました。

購入方法(や画面)自体は日本のAmazonと変わらないので、日本のAmazonを使ってる人なら、アカウント作成さえできれば特に迷うこともないでしょう。ただ、送料についてはちょっと違います。

今回のGoogle Fi SIM Card Kitの場合、3つの配送方法から選択できました。送料と時間とで自分で選べるのはいいですね。

AmazonGlobal Standard Shipping $5.07 2週間程度
AmazonGlobal Expendited Shipping $10.11 6-10営業日
AmazonGlobal Priority Shipping $15.13 2-4営業日

私は特に急いでなかったので一番安いStandard Shippingにしました。2月13日に購入し、27日頃に到着予定、だいたい2週間程度ですね。

実際には2月13日15:30頃に注文し、同日19:30頃に発送、2月19日の昼ぐらいに届きました。思ったよりもかなり早かったですね。

支払い時にドルか円か選べます。日本円で送料含めて1,690円でした。ちなみにこのSIM Card Kitは10ドル分のクレジットが含まれてるので、ちゃんと使うのであれば送料のみの実質0ドルとなります。

Google Fiのパッケージ

Google Fiのパッケージはちょっと厚みがあるもので、吊り下げ用のパーツが付いてるので、あぁそんな感じで大量に陳列されて売ってるのかな、と。空港の自販機でも販売してるみたいですしね。

中身はSIMカードの他にマニュアル…というか手順の書かれた紙、そしてSIMピンも入ってます。

ねんがんの Google FiのSIMカードをてにいれたぞ!

Google Fi、使ってみる?

で、このGoogle Fiは日本で使えるのか?というと、まぁ使えることは使えます。ちょっとググるとそんな記事もたくさん出てきます。多くはeSIMで…とかだったりしますが。

ただGoogle Fiを使える端末は一応限定されていて、下記ページに書かれています。

手順として、まずはアカウント作成が必要なので、Pixel 4で g.co/fi/getfi にアクセスします。

料金プランを選択

無制限プランか従量プランか選びます。

使用端末の確認

Google Fiを使用する端末を選びます。ここから購入もできる…のかな?米国内なら。

プラン等の確認

選択したプランと料金を確認します。

住所登録

続いて、利用者の住所登録です。
…が、ここで詰まりました。米国のサービスエリア内の住所でないと登録できないようです。

SIMカードキットのない申込みの場合は、入力した住所に送られてくるのであらかじめ滞在先のホテルの住所を入力して…といった方法があるようです。SIMカードはすでに手元にあるのですし、どこか適当に米国のホテルの住所を入力すればここは通るのかもしれません。

とはいえ、どうしても使いたいわけでもないので私はここで諦めました。住所入力して登録できれば、このあとクレジットカードの登録をして、その後はアプリを使ってアクティベートすれば使えるようになる…と思います。

まとめ:目的は達した

そんなわけで、実際には登録までいかなかったわけですが、当初の目的通りコレクションとしてGoogle FiのSIMカードは手に入ったので問題ありません。

むしろ使えなかったので使わずに済んで少しホッとしています。

コレクションとして持っていてもいいですし、海外を飛び回る人なら便利なようなので、考えてみてもいいのではないでしょうか。まぁ、実際に買う前には色々ググって調べるのも忘れずに。

参考情報

Random Posts

LINEモバイル、旧プランユーザーは新プランに変更すべきか否か
CircleFinder:Twitterでフォローしている人からコミケ等のサークル参加者を一覧表示するアプリ
AQUOS R2 Compact SH-M09 の価格比較 mineo / 楽天モバイル / goo Simseller / ヨドバシカメラ など
【あなたのホーム画面見せてください 2019】応募全41作品のまとめ
ASUSのA部「ZenFone Max新製品タッチアンドトライイベント」に参加!今年のA部は期待できる!?
Xiaomi Hey+ レビュー:まるでカラーになったMi Band!でも今は中国以外では使えないので待つべし
Speedometer Battery:自動車のスピードメーターのようなバッテリー残量ウィジェット
Android One X2 を購入しました-1年前のスマホですがAndroid 9 Pieも来てるのですよ
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年6月 その2 b-mobileとDTI SIMが落ち、粘るLINEモバイルA
Animated Text – Text Animation Maker:テキストからアニメGIFを作り出すアプリ
祝10周年!Android 1.0のリリースから本日で10年です!
SmartBand 2 SWR12 購入:睡眠も心拍も自動で記録できるスマートバンド
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年11月 その1 ドコモ系なら今はDTI SIMに注目
AMAZFIT Stratos レビュー:心拍計もGPSもしっかり「使える」スポーツ用防水スマートウォッチ
どっちが壁紙!? 【あなたのホーム画面見せてください 2018】